35 / 57

第35話 R18

荒く呼吸をして、ぼんやりと志乃を見る。 「動いていいか」 「······う、ん」 腰を掴む志乃の手に力の入らない手で触れる。途端、志乃が動き出して、奥のボコっとしたところからペニスが抜けて、また入ってくる感覚が気持ちよくて堪らない。 「はぁ、ん···っ、ん!い、く······イク、イクッ!!」 体が細かく震えて、気がつけば頭の中は真っ白になっていた。 「っ、〜〜っ、ふ······っ」 「···っ、きついな···」 「はぁ、ぁ···っう···っ」 ペニスから白濁が溢れ、腹を汚す。 タラタラと垂れるそれを志乃が触って、小さく笑った。 「ぅ、あ······」 「気持ちいいか?」 「ぁ、いい···っ、もっ、と···」 力の入らない足を志乃の腰に絡める。 「志乃···っ、ぁ、ぐぅ···!」 「はっ、ここ、最高だな······」 気持ちよくておかしくなりそう。 飲み込めない涎が口端から零れていく。 「梓、梓······」 「ぁ、あ、あぁっ、あ···!」 「っ、出る」 「───ッ!!」 体が震えて、背中が仰け反った。 お腹の中が熱くなって、志乃に抱きしめられる。 「好きだ。愛してる」 「···ふふっ、俺からは全部終わってからだよ。······志乃、抜いて」 「···嫌だ。」 「ぁ、だめ···っん!」 キスをされて、ゆっくりとまた志乃が動き出して、慌てて手を伸ばす。 「む、り!志乃っ、もう無理っ!」 「無理じゃねえ。梓···」 志乃の手が俺の頬を撫でて、それから手を繋がれる。 「梓···離れないでくれ···」 「んっ、ぅ、ま、待ってる、から···ぁ、志乃···」 「好きだ、梓···」 これ、志乃にちゃんと"好き"を伝えないと止めてもらえない気がする。 「ぁ、あ!お、俺も、ひぃ···っ!」 中に出されたそれが、ぐちゅぐちゅと音を鳴らす。 「ずっと俺の隣にいろ」 「んっ、んぁ、あぁ!」 婚約者のことで不安になってるのは俺のはずなのに、志乃はそのせいで俺が離れていかないかを危惧してるみたいだった。 繋がれた手の力が強くて少し痛い。けれど、それすらも愛しいと心では思っている。それを伝えるのは、今じゃないというだけで。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!