36 / 57

第36話

事が終わって、志乃に抱きしめられながら、甘い微睡みの中で、繰り返しキスをされる。それを手で制すと不満な顔をされたけど、眠たくて仕方が無い。 「ん···んふ、ちゅ、」 「梓、寝るのか」 「···疲れた」 「まだ昼間だぞ」 「昼間から、しちゃったね」 「そうだな」 外はまだ明るい。志乃は「風呂に入ろう」って言って俺を抱っこする。成人男性を抱っこできるなんて、本当に力持ちだな。 「奥までしたから、まだ志乃のが入ってる気がする」 「お前好きだろ、結腸」 「······好きだけど、そんな気がするの」 お腹を撫でると志乃が俺の額にキスをした。すごく甘い時間。 「志乃が全部やって」 「わかってる」 風呂場に来て、体と髪も洗ってくれる志乃。俺はされるがままになって、志乃に心までもたれ掛かる。 「寝そう」 「駄目だ。まだ起きてろ」 「もう無理······ほら、目が開かない······」 志乃がくすくすと笑って俺の髪を撫でる。 「風呂に浸かるから、手回せ」 「んー······」 伸ばした手を志乃の首に回し、そのまま風呂に浸かる。肩までお湯をかけてくれるから、それがまた気持ちよくて、志乃の肩に頬をつけて力を抜く。 「明日は出かけてくる」 「······そうなの」 「連れていけない。1人が嫌なら、ここに冴島を呼ぶか、立岡か······本家に行くか?」 「ううん、留守番してる···」 志乃の鎖骨辺りにキスマークをつける。 志乃も俺の身体中に沢山つけていたからいいだろう。 「俺の······」 「ああ。俺はお前のだよ」 嬉しくなって、回した腕に力を入れてもっともっとと密着する。 「キスして」 そう言うとすぐに、唇に、唇が触れた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!