13 / 57

第13話 R18

「志乃、志乃···っ、あぅぅ···た、ってられない······」 「ん」 ペニスが一度抜けて、お風呂の椅子に座った志乃に呼ばれる。 「自分で挿れろ」 「これ···奥までくるから、怖い」 「怖くねえよ。俺に抱きついとけ」 「······それでどうにかなると思ってるあたりがすごいよね」 「褒め言葉か?」 「いや、バカにしてる」 けれど、結局は志乃の言う通りになってしまう。志乃に抱きついて、ゆっくりと腰を下ろしそれを後孔に飲み込んでいく。 全てが中に入った時には呼吸は荒くて、頭もぽわぽわしていて、志乃に抱きつく以外、何も出来ない。 「は、はぁっ、ぁ···こわ、い···」 「上手だ。動くぞ」 キスをされて、ゆっくりと志乃が動き出す。 奥にとんとんって当たるのが、怖いはずなのに気持ちいい。 「ひっ、あ、あぁっ!あ!」 風呂場に声が反響して、恥ずかしい。 志乃の肩を噛むと、志乃はびくっと一瞬震えて、俺の髪を優しく撫でた。 「んっ、ふっ···んぅぅっ!」 「は···っ」 志乃の息遣いが近くで聞こえる。 それがすごく興奮する。 だんだんと快感の波が大きくなっていって、飲み込まれるような感覚がしてきた。 「ぁ、んっ!んぁ···い、いく、志乃···イク···っ!」 「き、つ···」 「はぁっ、だめ···イクっ、あ!あぁ──···ッッ!!」 体がビクビクと震えて、目も開けてられない。 つい逃げようとしてしまうのに志乃に押さえつけられて逃げられない。腹筋がずっと痙攣してるのがわかる。 「はっ、ぁ、あぁ···っ、はぁ···っ」 それからまた律動されて、快感が襲ってくる。 また、達してしまいそう。 「あぅっ、っ、あ、あ、あ···っ!」 「っ···梓、出すぞ」 「んっ、ぅ···はぁ、あ、あぁっ!」 お腹の中が熱くなった。 同時に俺も達していて、開いた口が閉じられない。力なく志乃に抱きついて過呼吸になりそうなほど荒く呼吸を繰り返し、志乃に優しいキスをされて背中を撫でられるとやっと体が落ち着いた。 「も、無理···抜いて···」 「お前、噛んだろ。痛いんだぞ」 「だって···気持ちよすぎてどうにかなると思った」 ゆっくりとペニスが抜けていって、そのまま志乃に後処理もされて体と髪を洗いお風呂から上がる。髪を乾かされてリビングに移動した。 「眠たい······」 「寝ろ。」 「キスして」 お願いしたら沢山与えてくれる。 そんな志乃が大好きで、離したくなくて、俺だけのものにしたい。 いや、間違いなくもう俺だけのものだろう。 「志乃、結婚しよ」 「······海外行くか?」 「嘘だよ。結婚しなくても変わんないもん」 この愛情は変わらない。 「ふぁぁ······」 「ほら、眠いんだろ。ベッド行くぞ」 「んー···」 目を擦りながら志乃に手を掴まれて、寝室に連れて行かれる。ベッドに寝転んで目を閉じると隣に志乃も寝転んで、俺の背中をポンポンと軽く叩くから心地良い。 「おやすみ」 志乃の声が聞こえて、それを最後に眠りに落ちた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

存在しない君は誰だ?
1話 / 355文字 / 0
1/5 更新
幼馴染との再会
13リアクション
2話 / 4,895文字 / 59
6/5 更新
ずっと、あなたが欲しかった。
57リアクション
8話 / 6,687文字 / 53
6/15 更新
完結
NATSUME
職場の先輩は、中学時代に亡くなった恋人に瓜二つだった。
59リアクション
6話 / 12,260文字 / 88
9/2 更新
今夜の御相手に指名され、タチ同士────
4話 / 2,073文字 / 0
12/3 更新
紫之が光から与えられた罰は食器洗いでした
5リアクション
3話 / 3,196文字 / 12
11/26 更新