22 / 118

〇の刺客 22

『おはようございます。失礼します!』  突然スピ―カ―越しに声が響き、分厚いガラス窓で仕切られた向こう側に、ぞろぞろと生徒たちが入ってきた。 夕方だというのに皆一様に「おはようございます」を繰り返す。 「なんか声優科の人らって独特だよな」  宮がぽつんと言った一言に、ぜんジロが大きく頷いている。 「無駄に声がでかい」 「し―っ!」 「し―っ!」  円が同意した直後、またしても両サイドからきれいなユニゾンが舞った。 こいつら……。 「こっちの声は聞こえてねえし」 「あ……そっか」  スタジオ内は録音ブ―スとコントロ―ルル―ムの二部屋に別れているため、こちら側の声は専用機材を使わない限り届かない。 指示がある際はト―クボタンを押して話しかけるしかないのだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

連載中
Much with you
レイプされた後の俺を救ったのは…?
2話 / 369文字 / 0
2017/5/2 更新
「だれが白ヤギのふりした悪魔を野に放したの?」「悪魔退治なんて無謀だと思いますがどうしますか?」 
27話 / 56,050文字 / 40
6/1 更新
仮装で他人の振りをする。恋心を隠した一晩限りの遊びの為に。
145リアクション
7話 / 9,531文字 / 440
2018/10/2 更新
イケメン部下の前でドジばかり踏んでいたら中身もイケメン対応すぎて……
104リアクション
2話 / 9,902文字 / 571
5/25 更新
トライアングルな関係の切ない物語
1話 / 1,237文字 / 0
5/29 更新
人狼が、狼犬としてペットモデルをするお仕事ML
33リアクション
10話 / 16,963文字 / 133
8/24 更新