30 / 118

〇の視覚 30

 今まで円の頭の中に住んでいたシノは、素直で、感情豊かで、常に劣等意識と自己嫌悪に苦しめられていた。  このセリフは、納得のいかない現状をすべて種族(じぶん)のせいにして、何もかも捨ててしまいたいという衝動に支配されたセリフだ。 後半になって勢いを増していくのは、強い自己否定とかたくなな現実逃避。  けれど今ここに立っているシノは、自分を納得させるように内側へ言葉を叩き込み、後半になってようやく弱音をこぼす。 今回|三角が演じたシノからは、否定することで強くあろうとする、方向性を誤った未熟な前向きさを感じた。 心の奥底では自分のことを好きになりたいのに、そうなれないジレンマが透けて見える。 (今まで見たことないシノだけど、平面的なシノとは違う。意思も温度もあるシノなら多分……) 『どっちのキミも、ボクは素敵だと思うよ』  流れるように繋がった最後のセリフ。 さきほどは優しく相手を受け止めていた三角のシノが、今はそこに寂しさと羨望を滲ませている。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

打ち上がった花火の熱が届いた。あんなにも遠かった空が、近づいた。
42リアクション
1話 / 7,970文字 / 52
2017/8/11 更新
神たる俺に恋愛は要らない! だけど俺は、あいつの嫁♥
49リアクション
20話 / 10,000文字 / 47
2018/6/3 更新
ある日、何気なく入った路地裏のカフェ。はじめは何も思わなかったカフェの店員に……
5リアクション
28話 / 14,497文字 / 20
8/28 更新
甘党・年下ワンコ×パティシエ・年上
367リアクション
29話 / 26,279文字 / 244
2018/11/3 更新
こんな雨の日には、君を思い出して身体が疼く。君が姿を消して、六ヶ月が経った。もう、待てない。
4リアクション
1話 / 3,671文字
7/11 更新
それだけできっと僕は、幸せですから。
617リアクション
25話 / 27,599文字
10/21 更新