18 / 89

第18話 R18

後孔はもうグズグズで、立っているのもしんどくなってきた。帰ってきたらすぐに挿れてほしいなって思いながら、ゆっくり指を抜いていると玄関の開く音がして慌てて指を引き抜いた。 「ひっ…うぁ…!」 イきそうになるのを堪えて、床に座り込む。途端、後ろから抱き締められて、そっと抱き上げられ、移動させられ、ゆっくりとベッドに降ろされた。 体がビクビクするのを感じながら顔を上げると、哉太が俺を鋭くぎらついた目で見ていた。 「ぁ…哉太…哉太…」 「ユイ、そんなに寂しかったのか」 「ん、寂しい…哉太」 足を開かされ、後孔に哉太の指が入ってきて、体が勝手に反応してきゅーっと強く締め付けた。 「っ、は、あぁ…っ!」 「挿れても大丈夫そうだな。」 「は、ぁ…待ってぇ…そこ、触って…気持ちいい…!」 頭が麻痺したみたいに気持ちよくて、哉太の空いていた手を掴んで、なんとかトばないように意識を保った。 「ユイ、挿れていい?」 「ん、は…ぁ、ちょうだ、い…」 そう言うと哉太が優しいキスをくれた。舌を絡めて、キスに酔ってると後孔にピタリと宛がわれる熱。 「んっ、んぅ、ぐ…うぅぅっ!!」 ゆっくりと中に入ってきて、背中を反らす。 「っは、はぁっ、あ…かな、た…はぁぅ…ぅ…」 「ユイ…苦しくないか?」 「うん…っ、ないよ、大丈夫…」 開いていた足を哉太が抱え、ぐっと胸に近付けられる。 「んぅ…」 「久しぶりだから、我慢出来ねえ」 「我慢なんて、しなくていいよ」 自分の足を抱えて、「ね?」と言うと、哉太が「悪い」と言って、それと同時に律動しだした。 「っひ、い、あぁっ!あ、あひっ、ぅ…!」 「はっ、ユイ…ユイ…っ」 「っ、い、いくっ、ぁ、いっても、いい…っ?」 「ああ。イけ」 奥を強く突かれてヒュッと喉が鳴り、体に大きな快感が走った。声が出ないくらいに気持ちいい。 「っ、」 「ひっ…ぃ、ぁ…あ、かなた…気持ちい…」 「中でイったのか。こっちで出したいだろ」 「ひゃぁっ!ぁ、だめ、触っちゃダメっ」 パンパンになってるそれを触られて続け様に達してしまう。体の震えが止まらなくなって、久しぶりだからか少し怖くて、涙が止まらなくなる。 「ユイ、もっと中に入らせて」 「はっ、…こわ、い…」 「ここまで入らせて」 「っ、ふ…ぁ、う、ん…うん、でも…手、握ってて…」 お腹を撫でられてグッと押される。哉太が俺の手を握って、それから大きく腰を引いて、勢いよく深く中に入ってきた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!