35 / 89

第35話

家族の形にはたくさん種類があって、どれが正解だとか、どれが間違いだとか、そんなものは無いみたい。 血が繋がってるから家族ってわけじゃないし、血が繋がってないから家族じゃないってわけでもない。 「ただいま」 「おかえりー!」 「おかえり」 5万円から始まった関係だったのに、今じゃそれだけじゃない。愛情に、幸せに包まれて、家族として生きている。 「晴麗がね、本当は哉太に感謝してるって!」 「あ!母さん!今言うなよ!」 「ほぉ?素直じゃねえな」 「うるせえクソ親父!」 晴麗と哉太が言い合って、それが楽しくてふふっと笑う。 「あー!母さん面白がってんだろ!」 「おい晴麗、ユイにそんな口きくな」 昔は想像もできなかった、愛しい家族の中に、俺はいる。 『5万円と幸せを 2』 END

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

天然ノンケ×卑屈ゲイがゆっくり幸せになっていく話。本編完結済み
432リアクション
140話 / 180,858文字 / 223
9/28 更新
番などいらない……そう思っていた獣人アルファの前に現れたのは、運命の番である美貌のオメガだった。
125リアクション
15話 / 30,000文字 / 287
3/31 更新
縦横無尽にコートを舞う結希に、いつからか鳴海は、恋をしていた。
1話 / 7,170文字 / 0
4/2 更新
闇×兄弟BL(R18)・兄への歪んだ想いが黒い鬼をいざなう、官能怪奇幻想奇譚
631リアクション
15話 / 34,919文字 / 60
10/31 更新
「親友の門出を祝ってやろうって気持ちはねえのか!」嘘ばっかり。親友だなんて思ったことないくせにーー
20リアクション
1話 / 752文字 / 0
10/18 更新
ハッピーオメガバース♡【短編集/★次話の更新予定は12月】
88リアクション
23話 / 23,683文字 / 0
10時間前 更新