408 / 414

第408話 溢れる愛の時間

「白……兎……っすご……」 「あ、あ……っ紅羽……っんん!」 もうお互い、我慢なんて出来なくて。 紅羽の昂りは、あっという間に俺の中へと収まっていった。荒い息をつきながら、甘く見つめ合うと、想いが全て通じ合ったかのような感覚に陥る。 「入った……一つに、なれたね」 「うん……」 ここ半月以上、ずっと紅羽を求めて辛かった俺からしてみれば、今のこの状況はまさに幸福そのものでしかない。 俺はこれが現実だという証が欲しくて、紅羽の体温を確かめるように、背中に手を回してぎゅうっと抱き締めた。 「白兎君……?」 「……あったかい、紅羽……ホントに、繋がってるんだよね……」 「ん……そうだよ。ほら……」 「あっ……や……っ」 証拠とばかりに、紅羽は僅かにモノを引き抜くと、ズン、と俺の最奥を甘く突いた。 「ああっ、あ!」 「ん……っ気持ちい……ね……白兎……」 気持ちよさで視界が滲み、体中が熱くなる。潤んだ瞳で息を乱しながら見上げると、妖艶な光を宿した紅羽の目に捉えられ、ぐっと顔が近づいて唇を奪われる。 「ふ、ん……っは、はぁっ」 「白兎……白兎……好きだ……」 熱に浮かされたように言いながら、紅羽は更に腰元をゆるゆると動かして、昂りを引き抜いたり、また挿れたりを繰り返す。 「うぁ……っやぁ……あ、も、らめ……っ」 グチュグチュと淫猥な音が響き、パン、パン、 と肌のぶつかる音が聞こえてくると、なんだか物凄く恥ずかしくなる。けれどそれに反して、体はどんどん気持ち良くなっていき、腰は勝手にガクガクと揺れ始める。 「やぁっ、ん、くれ、は……っも、らめ……っきもちい……ぃ」 「は……っ俺も、ダメ、だ……中に、出すよ……っ」 「うん……っ出して……あ、あああっ……」 瞬間、ピストンが急速に速められ、紅羽の雁首が俺のいいところを集中的に擦りあげていく。快楽の波が押し寄せ、俺の中心はもう限界と張り詰め、揺さぶられながら先走りを飛び散らせる。 「ん……っ白兎……!」 「あ、あ……紅羽……も、だめ……っやぁあっ!」 気持ちいい一点は容赦なく擦りあげられ、再び最奥をズンと突かれた、その瞬間。 腹の中には暖かさがじんわりと広がり、俺の自身は先端から溜まりに溜まった欲望を一気に吐き出した。 「はぁ……っ、は、はぁ……っ」 「う……んぁ……っ白兎……」 「ん、は……っあ……」 息を乱したまま、強引に口付けられる。互いに熱くなった体を密着させて、温度を確かめ合うと、幸せで胸が苦しくなる程だ。俺はこの時間が一秒でも長く続いて欲しくて、紅羽の背中を何度も手のひらで撫でて肌の感触を味わった。 「は……紅羽……すごい、気持ち良かった……」 どちらからともなく唇が離れると、俺は眠気と幸福感でトロンとしながら、僅かに掠れた声で言った。 「ん、俺も……」 紅羽は俺を優しく抱き寄せると、頬に手を添えて軽く上向かせ、チュッとキスを落とす。そして更に、耳元に唇を寄せて僅かに口を開いた。 「もっと、したい」 「……っ」 色っぽい声で囁かれ、俺は肩を揺らして胸をときめかせる。もっと……俺だってしたい、けど……。 「お、俺も、したいけど……っもう、落ちそう……」 正直なところ、一気に精を放出したのと、紅羽と触れ合えた安心感で、かなり強い眠気が俺を襲ってきている。これでもう一度体を重ねたら、間違いなく途中で寝落ちしてしまいそうだ。 無理にするのも違うだろうと思い伝えると、紅羽はクスリと笑みを漏らして、俺の髪を指先でそっと鋤いた。 「いいよ、残念だけど……可愛い弟に無理はさせられないから、ね」 「ん……」 髪を鋤かれるのが気持ち良くて、俺は自然と目を閉じる。サラ、サラ……と、長い指先に髪を鋤かれ……少しすると、ふわりと唇を奪われた。 「……おやすみ、白兎」 「ん……紅羽…………」 本当はまだ眠らずに紅羽と愛を囁き合いたいけれど、それは叶いそうにないので……俺は遠退く意識の中で、小さく想いを口にした。 「すき…………」 すると、耳元で紅羽の低い声が響いてくる。 「俺も…………」 眠りに落ちる寸前で、紅羽の声が遠くに聞こえる―― "俺も、好きだよ" と。 (良かった…………) 紅羽の気持ちを確認すると、俺は温かな腕の中で、久しぶりに安心して眠りについた。 まだ記憶を取り戻すという課題は残されているけれど、きっとこれで一歩前進出来ただろうし、何より、紅羽が最終的には落ち着いて状況を受け入れてくれたので、それは本当に良かった。 (紅羽…………) 俺は翌日の朝まで、紅羽の腕の中で、紅羽との甘い夢を見ながらスヤスヤと眠り続けた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

自称腐男子普通にガチゲイの留学生と書家の名家長男 短編連作
2リアクション
1話 / 947文字 / 0
2018/1/14 更新
命の極限を生き抜いた男達による愛のゲリラ戦
163リアクション
10話 / 92,901文字
2018/5/12 更新
『魔女と堅物男の恋模様』の近親相姦CP番外編です。
5リアクション
1話 / 2,435文字 / 65
2018/10/26 更新
人気俳優龍ヶ崎×平凡高校生颯斗シリーズ第2弾です!
20リアクション
5話 / 7,586文字 / 191
9/11 更新
パティスリーにようこそ!住み込みで働くタァリが「おしおき」されないように頑張って接客します!
123リアクション
6話 / 6,137文字 / 180
7/29 更新
エッチなモブお兄さんがモブおじ二人と3Pするよ♡概要欄必読♡
47リアクション
2話 / 2,714文字 / 0
10/6 更新