4 / 19

第4話 赤い髪の母

目を開けると、俺は俺と目が合った。 一瞬ギョッとしたが、なんてことないただの鏡だった。 俺は鏡の前の椅子に座っていて、ここがどこなのか分かった瞬間、これは夢だと悟った。 夢だ。俺が子供の頃の、夢。記憶、過去。 鏡にはもう一人の人物が写り込んでいて、俺の両肩に手を添えながらにっこり微笑んだ。 「レイ、そのまま前を見てて」 緩くウェーブのかかった腰まである長くて赤い髪。大きな黒い瞳と、色白な肌。 俺の母さん……ヴァネッサ・ギーツェン。 「ふふ、レイの髪はとってもサラサラしてて触り心地がいいわ。ママに似たおかげね」 母さんが俺の髪にクシを通しながら「なんてね」とイタズラっぽく笑った。 俺は母さんに似た。 赤い髪も、黒い目も、白い肌も、全部全部母さんに似た。 「ママは赤毛だったからヘルゲン家の一員になれたのよ」って母さんは言う。 孤児院で育った母さんは、赤毛を気に入ったラルスの両親が引き取って育てたらしい。だから母さんは自分が赤毛であることを恥じるどころか、誇りに思っていた。 『魔女』と呼ばれて石を投げられても。 だけど俺は……自分の髪が大っ嫌いだ。 それは子供の頃からずっとずっと、今でも好きになれないし、この先もずっと嫌いなままだと思う。 ただ髪が赤いだけで『魔女の子』と呼ばれて仲間外れにされる。 俺にわざと聞こえるように悪口を言う。 クラスメイトの誰かが怪我をすれば、俺のせいにさせられる。 大人になった今、時代の流れと共にそう言う人も少なくなったが、赤毛は物好きな金持ちに売れるという噂が立ち、人攫いに襲われるようになった。 ……俺がなにをしたんだろう。 俺は、ただここにいるだけなのに。 「ヴァネッサ」 男の声が聞こえて振り返ると、母さんがクシを置いて立ち上がっていた。母さんの視線を追いかけてみたら、今よりも少し若いラルスが部屋の入り口に立っていた。 「あら、兄さん。予定よりちょっと早かったんじゃないかしら?」 「ああ、仕事が早く終わったから」 母さんが嬉しそうに微笑みながら、ラルスに駆け寄る。二人はなにか話していたが、その内容は聞き取れなかった。 なんだか取り残されてしまった俺は足をブラブラさせていたが、ラルスが俺に気付いて笑顔で手を振ってくる。 「レイ、兄さんがケーキを買ってきてくれたって。下に降りてみんなで食べましょう」 それに合わせて母さんも長い髪を耳にかけながら振り返った。そのとき、母さんの耳元がキラリと光る。 金色の華奢なチェーンに、小さな柘榴石が繋がったイヤリング。あれは……、確か、ラルスが母さんに誕生日プレゼントとして送ったイヤリングだ。 そのイヤリングは、母さんが笑うたびにキラキラ光りながら、小さく揺れた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!