5 / 21

4

文芸部は、この9月末に入稿を控え、もう、2週間もない。 10名足らずの部員で年に4回、部誌を発行しているけれど、10月末の学園祭に照準を合わせて皆、大作を仕上げて来る。部室のあるA棟の2階から渡り廊下をC棟へ、その3階にある図書室から4階の自習室、時には表紙や装丁の相談に乗って貰うため写真部の部室へと、俺もサイズの合わない上履きに足の指を丸め、日々目まぐるしく活動していた。 「よぉ、海晴、進捗状況は?今年はどんなものを書くんだ?」 最近、花苑女子学園の上級生と付き合い出したとかで浮かれ調子の朝井が、階段で追い越しざまに俺の尻をポンと叩いて駆け上がる。振り返った締まりのないニヤけ面ったら……、 「あからさまに、お花畑なヤツはイラッとくるな」 「そうだろう、そうだろう、嫉妬していいぜ。海晴にもイイコいないか聞いてやろうか?」 「いらね、面倒くさい」 「お前、いつもそうだよなぁ?それ、ルックスいいヤツの自慢入っちゃってるから」 「そんなつもりはねぇよ」 ビシッと指差されても、俺は童貞を貫くしかないんだ。 高校生になって未だ大きな発作は起きていないけれど、セーブセーブで60%の生活をしていても、その60%の中に女の子とのSexは含まれていない。『清い交際』をして何人もシラけさせた俺のトラウマなんて、コイツは想像もしないんだろう。と言って?リミッター外してセッセと励んでみろ。この歳で腹上死なんて、絶対に御免だ……。 「海晴はカノジョ欲しいとか思わないの?今からそんな枯れててどーすんだよ。女子が『触らせて♡』とか言いそうなサラッサラの髪を襟足に零してさぁ。それ、ショコラカラーつーの?柔和な顔して長身で?頭は残念でもルックスは申し分ないじゃん。お前みたいなのが憂い顔で夕日でも眺めてみ?耳を澄ませば女子の溜息がそこら中で聞こえるよ」 なまじ、文字を扱うヤツの言い種は小っ恥ずかしい。 「頭、残念言うな」 「この前の物理、42点だったじゃん」 「見んなよ!」 (4)(2)点とって、冷たい汗が背中を伝ったのを思い出した。 「幸せ(4)(2)ってな。海晴も良い恋しろよ……ってことでオレは今回、ラブストーリーを書く!」 左手で「4」右手で「2」を作って見せる脳ミソ蝶々な朝井の指は、向かい合っている俺には「24」に見えた。 「公開ノロケかよ。手、逆だから」 月並みな言い方をすれば熱しやすく冷めやすい。喋り上手でポジティブな朝井は人に好かれはしても恋に恋して頑張り過ぎるのがネックだ。大抵3ヶ月もしない内に『疲れた』とか『お友達でいましょう』なんて言われて、俺の胸でさめざめ泣くんだよ。それでもスイッチの切り替えが早くて、一週間も落ち込めば蝶々は次の花に向かって飛んでいく。まったく呆れるほどに逞しい。 「この胸1000円で、また貸してやんよ」 「バァーカ。彼女こそ運命の相手だっつーの。恋はいいぜ、女の子のカラダはもっと良……」 「ヤったのか⁉」 「声が大きいよ!その、まぁ……ギュッとな?ギュッ……」 なんだ、抱きしめただけか……。 朝井の再現で抱きつかれて、下半身の締まりのなさに、 「思い出してんじゃねーよ!」 と、脳天チョップを食らわせた。 「っ痛ぇ……。ところで例の怪事件、何か判ったか?」 「怪事件?」 「ほら、この前から部誌に挟まってるメモの事だよ。お前の小説にばっか入るって……昨日も見つかったんだろ?」 「えっ?」 「あ゛……」 シマッタという顔の朝井を見て、一件は俺への内緒事だったのでは?と気付いた。 「知らなかったことにしようか?」 物分かりの良いフリをしても俺の頭はメモへの興味で一杯で、それが朝井にも伝わったのだろう。後頭部をテンテンと叩いて朝井は声を(ひそ)めた。 「いや……読んでみるといいよ。お前一人が注目されたやっかみか、本当に先輩たちが心配するように何かのターゲットにされているのか判んないけどさ。部長は黙っとけって言っても、当事者が知らないのはやっぱ、おかしいよ……」 「朝井も読んだ?」 「うん、一昨日かな?雲谷(うのや)が持っていたのを一枚読んだ。でも、あれは批判とか嫌がらせじゃない。本を読み慣れたヤツが書いた正直な感想文だよ」 俺は、ただ頷いた。不意に階上から朝井を探す声がして、 「うぇ~い!オレはここだよ~ん」 なんて、朝井は頭の悪そうな返答を階段ホールいっぱいに響かせる。 「オレ、準備室に行かないと。海晴、今日は部活出られないから、また明日な」 「ぁ、……おぅ……、」 言い澱んだ俺に朝井は苦笑いで手を挙げた。いつから、こんなに挨拶下手になったのだろう?俺は『また、明日』が言えない。約束が苦手なんだ。ただの挨拶だって解っている。それでも、曖昧に笑って手を振るのが精一杯だ。 メモは今日も入っているだろうか……?すぐにも確かめたい衝動に駆られて、顧問の地鳴りのような「サボるなよ」と秤にかけた俺は真っ直ぐに図書室へ向かった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!