5 / 5

撫でてみた[リョウキの場合]

ナデナデ 「……」 ナデナデ 「……」 ツヤのある黒髪を撫で続けていたら、黙ったリョウキ。 数分前まで「なんやねん」とか「触んなボケ」とか狂犬のように噛み付いてたのに。 そっと左肩からリョウキの横顔を見てみると、目が垂れていて口元がへの字になっていた。 「困ってんの? 何言っても撫でるから」 「……なんでそう思うん?」 「目が垂れてるし、口元への字だから」 「……別に、もともとそういう顔やし」 そう言って俯いてふぅと息を吐くリョウキの前髪を下ろしてあげるように撫でる。 「撫でられる感じはどうなの?」 「悪くない」 「良いの? イヤなの?」 「……悪くない」 ボソボソとはっきり言わない感じに腹が立った。 「はっきりしろ!」 わしゃわしゃわしゃ 「ひゃあ、やめてぇや〜」 前も後ろもぐしゃぐしゃになるくらい撫で回すと、いつもの子どもっぽい声を上げて笑うリョウキでした。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

強気でいる後輩がどうにも気になってしゃーない。なんやねん、この気持ち――
1
30
3
1
19
連載中/39話/68,181文字/0
12月16日
卒業式前日と、翌日の数時間。男子高校生×美術教師
37
44
7
6
34
完結済/3話/3,741文字/320
2018年1月29日
ゲイの〝りお〟が若者〝クロ〟を拾った。
204
64
201
101
81
156
完結済/107話/100,856文字/176
6月11日
騎士×高校生 高校生の異世界トリップ
64
9
19
1
5
連載中/52話/28,250文字/103
2月22日
「ネトゲでリアルな恋模様」続編。年上×年下、社会人同士。糖度高めです。
358
66
271
34
79
202
完結済/16話/49,882文字/1,964
8月27日
エロオヤジの担任と、可愛い子兎の初めて過ごすハロウィンは、チョコまみれラブエッチ
90
5
63
7
53
16
完結済/13話/9,960文字/162
10月22日