17 / 175

初体験 6

「じゃあ、そろそろ…」 渉はコンドームを手に持ち、自分のペ◎スに装着した。 「え?そ、それって…」 「ゴムは絶対つけてもらってね。危ないから。」 「ちょ、ちょっと待っ…」 渉は僕の腰をガシッと掴んだ。 「いっぱいほぐしたから大丈夫だよ。力抜いて…先っぽさえ入れば、もう…」 「ううっ、ん…」 「やっぱり初めては締まるね。」 ズプププとゆっくり入ってくる。 「動くよ。」 「や、や…」 あれ?なんだ、コレ… ここ…ここ、おかしい… 「待って!そこ、そこダメ!あ、あ!あ!」 「何?ここがいいの?」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!