19 / 175

初体験 8

「待、待っ…あぁっ!」 「…あー、誠すごい名器かも。中がうねってるよ。」 頭が真っ白になり、何も考えられなくなる。 僕は女の子のように喘ぎ、善がり、身体を痙攣させていた。 「ま、また…イッ…」 「あはは、またイッちゃったの?もうア◎ル弄らないとイけなくなっちゃったんじゃない?若いと覚えが早いからね。」 「…うっ、ううっ…んっ…」 「じゃ、俺もそろそろいくよ。」 渉の動きが激しくなる。 はぁ、はぁ、はぁ… お互いの息遣いが荒くなる。 「んっ…」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!