49 / 175

玩具デート 11

男は僕のズボンを下げ、お尻を両手で広げながら鷲掴みにする。 男の息がお尻にかかって気持ちが悪い。 「あ、あん…は、早くッ、抜いて…あっ」 「わかった、わかった。」 男は自分の指をペロリと舐め、その指を僕のア◎ルに入れた。 「うぅっ…」 口からもペ◎スの先からもヨダレが垂れる。 「んっ、あっあっあ…」 嫌で堪らないのに高い声が出てしまう。 やがて、ブーンと低い音で振動するローターが取り出された。 お尻の違和感はなくなったが、その時。 「ご苦労様。」 声が聞こえて振り返ると、トイレの入口に鬼のような形相の聖さんが立っていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!