他の作品

目次

プロローグ・勇者のママは今日も魔王様と
第一章・勇者誕生。勇者のママは今日から魔王様と①
第一章・勇者誕生。勇者のママは今日から魔王様と②
第一章・勇者誕生。勇者のママは今日から魔王様と③
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。①
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。②
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。③
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。④
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。⑤
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。⑥
第二章・たとえあなたが魔王でも、 勇者をあなたの望む子どもに育てましょう。➆
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。①
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。②
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。③
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。④
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。⑤
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。⑥
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。➆
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。⑧
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。➈
第三章・あなたが教えてくれました。 私の目に映る世界は色鮮やかで美しいと。➉
挿話・イスラ、生後十日目のある日。
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。①
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。②
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。③
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。④
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。⑤
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。⑥
第四章・ごめんなさい、初恋なので勘違いしたのです。私は最初から独りでしたね。➆
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。①
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。②
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。③
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。④
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。⑤
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。⑥
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。➆
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。⑧
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。➈
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。➉
第五章・私は愛されたかったのです。たとえ情婦のような真似をしても。⑪
挿話・魔界、フェリクトールの館にて…
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。①
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。②
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。③
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。④
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。⑤
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。⑥
第六章・あなたの親になりたい。今、心からそう思うのです。➆
第七章・バカですね。こういう時は「愛している」と言って、私に口付けるものですよ?①
第七章・バカですね。こういう時は「愛している」と言って、私に口付けるものですよ?②
お気に入り 180 人
しおり 243 人

イラスト

イラストはまだありません。
最初のイラストを投稿しましょう!