課題:1万字で恋の成就を描き切ることはできるのか?

コンテスト用に書いていた『魔法学校ハロウィンウォーズ!』を最後までアップすることができました。

https://fujossy.jp/books/8295

 

エンドマークまで書けていないものを随時アップするというスタイルは初めてだったので不安でしたが、

とりあえず形にできてホッとしました。

(とはいえこれから推敲しなきゃですが…)

 

ところで実を言うと私は「1万字で恋(正確に言えば、恋の成就)を描くのはだいぶ難しい」と思っています。

1万字では説得力のある感情の変化を描ききれず、読む人の納得感をなかなか作り出せないという意味で。

私の過去の作品でもこの分量だと、どれも不完全燃焼な感じになってしまっていました。

 両思いから描き初めても、なかなかドラマを作り出せないんですよね…。

これをできる人は、かなりの力量なんだと思います…!

 

それで今回の作品ではもともとラブラブMAXな2人から始まり、初体験に挑んでもらうという方向にしてみました。

ところがこの方向で問題だったのは「なんでこいつらがラブラブなのかわかんねー」ということでした。

そこがわからないと読む人も応援しにくいですよね…。

恋の始まりを一目惚れってことで簡単に片づけちゃったので、当然といえば当然です。

 

結果としてフィーリングだけでくっついちゃったバカップルが、初体験にいたってようやく本当の意味で相手を大切に思う、みたいな話になりました。

本当にこれでよかったのかどうか…。

副産物的に私史上最強のバカップルが生まれてしまったので、そこはひとつの発見でしたが。

 

ともかく毎回バカップルを量産するわけにはいかないので、これからも試行錯誤しなきゃと思います。

 

というわけで、私の挑戦のあとを覗いてみようという方はこちら!\(^_^)/

『魔法学校ハロウィンウォーズ! ~初エッチと吊される生徒たち~』

https://fujossy.jp/books/8295

 

10月11日