恋人の日に。
自分の作品を自分の吐瀉物と言った作家がいた。 これは斐坂さんの心の吐瀉物なのだと思う。 人がそれを見ないようにしながらどうしても見てしまうように私はこの作品から目が離せなく、どうしても忘れられない。 鈴川と神前の未来は閉ざされたものだが、心から安らかな最期であるようにと祈らずにはいられない。 ぜひこの作品を一人でも多くの方に読んでいただきたい。
2018/06/12 22:05:55