萌えと尊さ過剰摂取によりお隠れになられた
大前提として、僕はこの作者の作品は、これが初めてである。 たまたま流れて来た、この作品を暇な時間潰しに、と読んだのが事の発端。 そう、たまたま流れて来なかったら。来ても、僕に時間がなかったら。 僕はこの小説を読まなかっただろう。 何も知らず、ああ、今日も嫌な雨と晴れのエンドレスループぶっかましてやがるぜ、と思っていたにちがいない。 ということを、置いておき、たった今読み終わった感想をここに書く。 ☆ んっっねえええええ!!あんとぅあああ!!!(巻き舌) こんな最高作品世に出しやがって~!しかも~無料だと!? 金を取れ、金を!(謎の怒り) ああ、もう陽向くん、優真くんの?えっちの前後? ごっつぁんです! もちろんエロい。えっちだもん。 しかし、エロいだけじゃない。なんだ、おい。 考えても、よくわからんが尊い。萌える。 そう、常に萌えと尊さがいる。存在している。なんなん? これには、前作があるらしく、僕はそれを知らない。 それを知らない僕が、置いていかれず、読み終え、んねえ!最高!と叫び、全僕がお隠れになるとか、よくわからん。天才? くぁ~、こんな良作、無料で読ませていただき、あざまる水産だし、尊みファンタスティックピーポー。 これ以上は文字数的に言えないから、これくらいで。 とにかく、何も知らない人も読めるし、物語に引き込まれる、えげつない作品だってことは、最後に伝えておくぜ。 それじゃ、僕は天に召されてくるね! I'll be back.
6/17