著者:蒼衣梅

──甘く甘く溶けるような愛の味
僭越ながらレビューを書かせていただきます。 作者様の完結作品全て読ませていただきました。 本来ならば全ての作品にレビューをしたいところですが、ご迷惑になったら申し訳ないので、最初と最後に読んだ作品のみレビューを書かせていただくことにしました。 リアクションを1ページずつつけたので、通知がうるさいかもしれません;;;; トウくん目線で語られていく物語。 彼がいかに悩み、悲しみ、諦め…一人で長い間人生を送って、寂しさを感じたのかに、心が締め付けられるような思いでした。 それを“慣れてる”とまとめる。 後半にある一誠さんの「愛されることに“慣れて”」のセリフを見た時、涙が止まりませんでした。 悲しい“慣れ”なんて捨てて、幸せな“慣れ”を得よう。 そんな優しさに幸せな気持ちになりました。 ラブドールに生まれたから故に辛いこともあったけど、ラブドールだったからこそ大好きな人…大切な人に愛されることが出来たのですね;;;; 作者様の表現の仕方はすっと心に落ちてきます。 とても読みやすく、物語の中に引き込まれます。 すごく好きな文章です。 甘い甘いわたがしを食べたときの、最初の一口目のじわっと広がる甘さ………そんなふうに感じております。 これからも応援しております。 作者様の作品に出会えてよかったです;;;; かなりの長文失礼いたしました。 ───甘く甘く溶けるような愛の味を2人に。 慈斗(しと)
2017/11/13 22:18:50