5 / 454

第5話

付き合っとる? 付き合っとるからキスぐらい言うた?今。 「あ、あの〜、瞬くん、言うてる意味がよぉ分からんのやけど……お、俺とは?」 「え?修介とも付きおうてるよ」 「へっ?」 またしても度肝を抜かれてしまった。 これって世間的には俗に言う…… 「それって、二股いう事か……?」 「え?ちげーよ。だってもう一人いるし」 俺は悶絶しながら両手で頭を抱えた。 先程から目の前の人は何を言ってるのか。 頭が悪いから理解出来ないだけなのか。 使えない脳みそをフル回転させながら、俺は瞬くんの二の腕をガシッと両手で掴んだ。 「……俺はっ!何番?!」 ようやく出てきた言葉がこれかと、自分でも情けなくなってしまった。 瞬くんはかっこよくてモテモテなんだから、恋人だっていっぱいいて当たり前。 そんな馬鹿みたいな事を何故か必死に自分に言い聞かせた。 瞬くんは目を丸めた後に吹き出すと、余裕の表情で俺に問いかけた。 「何番って、好きなのが?」 俺はコクコクと何度も頷いた。 瞬くんはうーんと口を噤みながら、左斜め上に視線を向けた。 きっと彼の中で今三人を天秤に掛けている。 大丈夫。きっと俺が一番だ。 だって、告白した時のあの嬉しそうな顔。 俺もずっと好きだったって言ってくれた。 帰り道に手を繋いでくれた。 修介は人懐っこくて柔らかくて犬みてぇだなーって、頭を撫でてくれた事だってある。 俺が一番好きだよって言われたら、俺だけにしてって言ってみよう。 もしかしたら瞬くんだって困ってるのかもしれない。他の奴にしつこく付きまとわれて、仕方なく付き合ってあげてるのかもしれないし。 だから夏休み中、連絡取れなかったのかも。 これからは、ちゃんと瞬くんの話を聞いてあげよう。 「うーん……」 瞬くんはニンマリしながら俺と視線を合わせてこう言った。 「修介は顔可愛くて好きやけど……二番かな。エッチは三番。だってあんなんで痛がってんの、修介だけやで?」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

秘密の放課後シリーズ、 的の向こう側①の続編です。
1
3
1
8話 / 22,438文字 / 0
2017/1/23 更新
連載中
shino Ⅱ
【R18】『shino』から2年後のお話です。
750
85
411
495
131
315
57話 / 49,889文字 / 1,648
2018/9/25 更新
甘鬼畜どSトリオ★その犠牲者たちの★めくるめく★ハイパーえろ
103
8
59
17
131
25
43話 / 45,418文字 / 475
2018/3/23 更新
完結
× idol
国民的アイドルと売れないおっさんカメラマンがひょんなことから同居することになり・・・。
33
5
21
13
7
11話 / 72,906文字 / 192
2018/5/13 更新
噛み癖男子×噛んでほしい男子のえっちぃ話(R18)
410
120
265
24
112
55
62話 / 42,151文字 / 797
2018/12/12 更新
15
4話 / 1,524文字 / 95
9/5 更新