25 / 298

第25話

「でもやっぱり大事なのは性格とか、その人の醸し出す雰囲気とか、どのくらいフィーリングが合うかとかだよね。だって、女の子はいくらでも綺麗になれるんだから」 「うん、そうだよね……」 景が絶品だという湯葉が出来る度に、箸で掬って、わさび醤油をつけて食べた。 サッパリとして美味しくて、何個でもいけた。 そういえば瞬くんと俺って、どのくらいフィーリングが合っていたのかな。 今思い出すと、嫌われないようにしなくちゃってそればかり考えていた。 少し無理をしていたような気もするけど、あの頃の俺は若すぎて実際どうだったのかは覚えていない。 ボンヤリしていた俺の顔を、景が顔を傾けて覗き込んでいるのに気が付いて、慌てて仕切り直して背筋を伸ばした。 「な、何?」 「僕、修介の事好きだな。修介がもし女の子だったら、僕の彼女にしてたかも」 顔に熱湯を注がれたみたいに熱くなる。 彼は特に照れるような素振りも見せず、湯葉を箸で掬って俺の皿に入れてくれた。 もし女の子だったらって……それって、俺の事少しでも気に入ってくれたって事かな? 「修介と話してると、やっぱり落ち着くよ。翔平みたいに馬鹿やるみたいな奴も好きだけど、一緒にいて心が安らげるかが大事だよね」 この人は、日頃から心の中で思っている事を、ストレートに言葉に出して相手に伝えている人なんだろう。だからこうやって素直に心に沁み込んでくるんだ。 翔平の言ってる事は強ち間違いでは無かったのかもしれない。 真面目で誠実で――ちゃんと、一人だけを見てくれる人。 「あっ、ありがとっ」 景に会えて良かったとか、自分も景と話してると落ち着くよとか、頭の中ではいろんな感謝の気持ちが駆け巡っていたけど、羞恥のあまり、どれも言葉になって出てくる事は無かった。 充実した時間を過ごした俺たちは、終電が無くなる前に席を立った。 また連絡するね、と言って彼は颯爽と裏口から出ていった。 (芸能人ってだけでチャラチャラしてると思うてたけど、ホンマはええ人なんやな) 俺はほろ酔いのまま、上機嫌で電車に乗り込んだ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!