21 / 25

執事

「どうして俺の前からいなくなろうとするの…」 「……………」 「無視しないでよ、千晶さん!」 「泣かないで…愛斗…」 感情が高ぶりすぎたらしく勝手に溢れ出した涙が止まらなかった。 「ね、ちあきさん……いかないで……」 「それが愛斗の望みなら…」 「いかないで……おれを…ひとりにしないでっ……」 「うん、ごめん……ごめん。」 ギュッと抱きしめてくれる温かい腕の中はとても心地よかった。 だからすがってしまいそうになった。 今までは自身が幸せであると言い聞かせてきた。 だけど、紛らわせていた孤独から救って欲しいという気持ち… でも、俺にはそんな資格なんてないんだ…
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!