21 / 25

執事

「どうして俺の前からいなくなろうとするの…」 「……………」 「無視しないでよ、千晶さん!」 「泣かないで…愛斗…」 感情が高ぶりすぎたらしく勝手に溢れ出した涙が止まらなかった。 「ね、ちあきさん……いかないで……」 「それが愛斗の望みなら…」 「いかないで……おれを…ひとりにしないでっ……」 「うん、ごめん……ごめん。」 ギュッと抱きしめてくれる温かい腕の中はとても心地よかった。 だからすがってしまいそうになった。 今までは自身が幸せであると言い聞かせてきた。 だけど、紛らわせていた孤独から救って欲しいという気持ち… でも、俺にはそんな資格なんてないんだ…

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ゆるフワ垂れ目の風俗嬢(?)と暑苦しい熱血イケメンの恋の行方は!?
1リアクション
14話 / 10,056文字 / 0
2017/9/12 更新
バンドマン×銭湯月光湯二代目
4話 / 6,061文字 / 0
2017/11/3 更新
兵士と敵対している王の恋です。
5リアクション
6話 / 2,005文字 / 46
2017/11/9 更新
R18。鬼畜な紳士のお話。
4話 / 5,490文字 / 0
2018/7/8 更新
天使なオメガ君(仮)とヒーローなアルファ君(仮)のなんちゃってオメガバース☆
1,531リアクション
28話 / 36,897文字 / 2,215
3/23 更新
優秀賞 「オフィスラブ」BL小説コンテスト
ラブホテルではじまる恋 チャラいラブホオーナー×ワケアリ無愛想青年
865リアクション
16話 / 29,527文字 / 891
9/8 更新