1 / 31

~プロローグ~

「………え、誰?それ」 「優紀」 「………何、ソイツ、ボクより可愛いの?」 「まさか、雅樹より可愛いヤツなんていないだろ。普通の地味な目立たない子らしいよ……ただ、何でもしてくれるってさ」 「…ふーん、それでそんなに人気があるの?………ね、その映像、手に入らないかな?」 「そりゃ、まあ、けっこう簡単に手に入るけどさ、何、気になるのか?……雅樹が気にするような子じゃないって」 「気にするか気にしないかはその映像を見てからボクが決める…オマエが決める事じゃないね。オマエはボクの言う通り黙って映像を用意すればいいんだよ」 「……………悪い」 「ボクの考えに口を出すなんて百万年早い………オマエの代わりになりたいと言ってくるヤツはいくらでもいるんだから」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

面倒臭い その一言で全部片付けてきたのに
66リアクション
13話 / 6,109文字 / 250
2017/4/5 更新
冬の夜に出会った、美しくて悲しくて身勝手な人。
45リアクション
25話 / 39,168文字 / 20
2018/9/9 更新
叶わないから夢でした。
1話 / 669文字 / 0
2018/9/30 更新
『まるでおとぎ話』のサイドストーリー 
116リアクション
7話 / 10,913文字 / 275
2019/7/29 更新
HQクロ研。もうすぐ衣替えという時期の話。
1話 / 3,791文字 / 0
2019/7/25 更新
自称・邪神に海底神殿に連れ去られ、何故かスライムと戦うことになったまどかの運命や如何に!?
54リアクション
8話 / 9,685文字 / 36
2019/9/14 更新