4 / 31

第3話

確かに、見た目は普通の子だ。 でも二人にヤられながらも、最後には自分から腰を振って白目を剥いてイッてたでしょ。 それって、ただの淫乱って事じゃないの? 派手にイってたしさ。 あの大人しそうな顔に皆、騙されているんだよ。 あのギャップにさ。 …まあ…確かに、あの白いフサフサの尻尾は可愛かったけど。 あ、でも、可愛かったのは尻尾だよ? 彼じゃないから。 それより僕が気になったのは、彼を触っていたあの手だね。 あの手は、彼が男達から解放されるまで放れる事はなかった。 そして彼は、あの手に触られた途端にうっとりとした顔をした。 それまでは痛がってばかりいたのにさ。 そのまま、ずっと画面を見続けていたし。 あの手は、あの画面を撮っていた人物の手か。 …誰かのペットらしいという噂が本当なら、あの画面を撮っていたヤツが飼い主か。 ……面白い。 断然、彼の主人に興味が湧いてきたね。 彼自身よりも。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!