19 / 31

第18話

眞司ってば、優紀とは付き合ってないなんて嘘を吐くなんて…。 …ああ、嘘じゃないか。 ペットだもんな。 ボクが気にするほどでもない、なんて…。 もちろん、気にしてないよ。 ただ、気に入らないだけ。 でも、ま、いいか。 今はボクと一緒に住んでいるんだし…優紀を捨てて。 眞司はボクを選んだ。 それなのに、あのペット、いまだに眞司をあのマンションで、待ち続けているらしい。 馬鹿なヤツ。 眞司が君の元へ帰る事はないよ。 っていうか、返すつもりもないけど。 悪いね。 眞司はもう、ボクのモノだ。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

生まれて初めてのクリスマスは、僕を拾ってくれた優しいひとと
45リアクション
1話 / 3,594文字 / 272
2016/11/1 更新
19リアクション
8話 / 19,586文字 / 146
2016/12/24 更新
連載中
淡い色彩
#一次創作BL版深夜の真剣60分一本勝負用に書いた小説ですが気が向いたら続きを描くかも……
1話 / 2,450文字 / 0
2017/3/14 更新
中学時代、淡い恋心を抱き合っていた先輩と後輩は、十三年のときを経て、刑事と復讐鬼として再会する。
151リアクション
72話 / 48,184文字 / 18
2017/7/10 更新
執着溺愛騎士×恋に臆病な平凡青年、切なくも甘い恋の花
34リアクション
23話 / 57,549文字 / 180
3/11 更新
R18/刑事×平凡少年/体格差/無理矢理からの溺愛/年齢差
584リアクション
12話 / 12,572文字 / 1,707
2018/8/8 更新