23 / 31

第22話

「…眞司!おかえり」 「…ああ」 「…大丈夫?なんか、顔色、悪いね…それに少し痩せたみたいだし…」 「大丈夫。ただ、疲れただけだから…」 「疲れただけ…本当に?」 「ああ…それより、今日からは雅樹とずっと一緒に居る事ができるから」 「…本当に?」 「…ああ…兄貴と…話はついたから…」 「…え?眞司、何か言った?」 「いや…何でもない」
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!