23 / 31

第22話

「…眞司!おかえり」 「…ああ」 「…大丈夫?なんか、顔色、悪いね…それに少し痩せたみたいだし…」 「大丈夫。ただ、疲れただけだから…」 「疲れただけ…本当に?」 「ああ…それより、今日からは雅樹とずっと一緒に居る事ができるから」 「…本当に?」 「…ああ…兄貴と…話はついたから…」 「…え?眞司、何か言った?」 「いや…何でもない」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

とある喫茶店のパート店員と常連客の話です。妊娠ネタです。
30リアクション
3話 / 5,914文字 / 156
2017/5/26 更新
僕の幼馴染はとても優しくて、カッコよくて、頭も良くて、さらに運動も出来て完璧だった。あの日までは…
11話 / 4,841文字 / 0
2018/5/25 更新
いろんなシチュエーションのSSを不定期で連載します
32リアクション
180話 / 169,792文字 / 0
18時間前 更新
冴えない自分と決別した、脱・凡庸の恋模様
65リアクション
14話 / 13,127文字 / 60
9/25 更新
秀人からの突然のプロポーズをなんとなくOKした洸太。一ヶ月が過ぎても、ふたりは婚姻届を出せずにいた。
119リアクション
7話 / 5,047文字 / 165
5/3 更新