31 / 31

~エピローグ~

眞司が、消えた。 少し目を離した隙に。 すぐに辺りを捜索したが、見付からず…。 どうやら、優紀を連れて逃げたらしい。 部屋に設置していたカメラを調べたら、優紀を抱き締めて走り去っていく眞司の姿が写っていた。 …やってくれたね…。 よりにもよって、優紀を攫って逃げるなんて。 眞司の兄も、血眼になって優紀を捜していた。 そりゃ、そうだろう。 あそこまで躾をして、皆にお披露目までしたペットがいなくなったんだから。 ボクの面子も丸潰れだよ。 …許さない。 どこに逃げようが捜し出してやる。 たぶん、眞司の兄も優紀を捜すだろう。 彼のしつこさは、ボク以上だからね。 必ず見付け出す。 覚悟しておくがいい。 《五章へ………》
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

ある男娼を探してほしい。依頼を受けた私立探偵が探し当てた青年は吸血鬼だった?1906年英国のお話。
1
7話 / 16,466文字 / 33
2017/8/16 更新
ちーちゃんには純愛なんて通用しないじゃんか!
15話 / 9,784文字 / 24
2018/2/12 更新
獣化が進む幼馴染とその恋人の葛藤と純愛。
5
8
10
9
3話 / 7,015文字 / 237
2018/2/6 更新
大学生(理系・体育会系)×大学生(文系)
33
2
15
5
6
11
6話 / 14,634文字 / 60
2018/6/9 更新
馬が合わない同士が一緒にいるとこうなるよねって感じの小話
62
12
28
22
1
45
24話 / 17,976文字 / 263
9/6 更新
54
12
27
10
1
32
23話 / 73,591文字 / 101
7/20 更新