31 / 31

~エピローグ~

眞司が、消えた。 少し目を離した隙に。 すぐに辺りを捜索したが、見付からず…。 どうやら、優紀を連れて逃げたらしい。 部屋に設置していたカメラを調べたら、優紀を抱き締めて走り去っていく眞司の姿が写っていた。 …やってくれたね…。 よりにもよって、優紀を攫って逃げるなんて。 眞司の兄も、血眼になって優紀を捜していた。 そりゃ、そうだろう。 あそこまで躾をして、皆にお披露目までしたペットがいなくなったんだから。 ボクの面子も丸潰れだよ。 …許さない。 どこに逃げようが捜し出してやる。 たぶん、眞司の兄も優紀を捜すだろう。 彼のしつこさは、ボク以上だからね。 必ず見付け出す。 覚悟しておくがいい。 《五章へ………》

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

可愛い先輩に恋をした。奇跡的に恋が叶ったのはいいものの「あれ、なんで俺が下なんですか…?」
1,351リアクション
29話 / 32,895文字 / 3,244
2018/4/14 更新
「かわいい、かわいい俺のおにーちゃん、一生離さないからね」
1リアクション
6話 / 3,425文字 / 100
2018/5/2 更新
生徒×教師――僕らの出逢いはきっと必然だった。好きになるのに理由も時間もいらない
1,816リアクション
1096話 / 745,107文字 / 400
1/4 更新
R18。ハロウィン用のカボチャを確保するために走り回る営業・唄のついで話。
5リアクション
1話 / 4,565文字 / 20
2018/10/26 更新
連載中
短編集
短い作品置き場です。作品同士が、関連してたりしてなかったり。
4話 / 8,440文字 / 0
3/4 更新
2リアクション
2話 / 1,369文字 / 0
10/14 更新