11 / 306

⑩16歳。はじまりは突然で…。

 ――っていうか父さん。  一家の主がそんなんじゃダメじゃん。  しっかりしてくれよな。  俺が大きなため息をついている間にも、花音は鼻息荒くして激昂している。 「あたし、好きな人がいるの!! そんなの無理!! ぜったい、いや!!」  花音は拒絶する。  それはそれは、とても大きな声で――。 「…………」  ……へぇ、花音は好きなヤツいたんだ。  ……って、のんきなことは言っていられない。  妹の一大事だ。  こうなったら兄の俺がひと肌脱がなきゃな。 「母さん、祖父さんの遺言って放棄とかできないのか?」  父さんと母さんに尋ねてみる。  だけど母さんは眉根に皺を寄せ、大きく首を振った。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

総愛され・溺愛・ヤンデレ要素あります。
159リアクション
35話 / 74,975文字
2017/12/31 更新
ずっと傍にいるよ。君がそれを望んでくれるなら。。(エブリスタ公式イベント参加作品)
1,021リアクション
55話 / 48,057文字 / 410
2018/12/2 更新
愛なんかいらん……そんなんなくたって生きてこれる
23話 / 14,781文字 / 0
2018/7/29 更新
【18禁】輝き…それを発する者を暴かれた時、『同僚』への疑惑は愛へ変わる。
9リアクション
3話 / 10,759文字 / 11
2019/8/18 更新
十年の片思いが潰えた、その先にあるもの。
145リアクション
16話 / 55,372文字 / 30
2019/10/8 更新
一目惚れから始まった一途すぎる恋。 溺愛するあまり暴走する天王寺さんの愛は、本物だったのか?
390リアクション
13話 / 17,587文字 / 32
5時間前 更新