35 / 49

第35話

「うるさい! お前がズルしたせいだ!」  その顔がムカついて、気がついたらタクミは無意識のうちに弟を突き飛ばしていた。柔らかい砂に頭から倒れた弟に怪我はなかったものの、突き飛ばされた衝撃でわんわんと泣き出した。 「あ、ごめん。だいじょうぶ?」  タクミはすぐに弟を抱き起すと、服に付いた砂を払う。 「もう泣くなよ。男は泣いちゃダメなんだぞ」 「兄ちゃんのバカぁ」 「バカじゃない!」 「兄ちゃんなんてきらい」  弟はえぐえぐと泣きながら下を向いた。タクミは困った。弟を突き飛ばしたのは完全なる八つ当たりだ。それでも、ここまで泣くとは思わなかった。  弟の宥め方が分からなくて悩んでいると、ふと母の手を思い出した。タクミは弟の身体を抱きしめて、小さな頭をわしゃわしゃと撫でた。 「オレが悪かったよ。ごめんな」 「……いたいことしない?」 「絶対しない。オレ兄ちゃんだもん」 「……マコトのこと好き?」 「大好きだよ。これからもずーっと好き」  タクミがそう言うと、弟もぎゅっと抱きついた。 「ぼくもタクミのこと好き!」 「おい! 呼び捨てにすんなよ。兄ちゃんって呼べ!」  その後母のもとに戻ったタクミたちは、こっぴどく叱られた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

118リアクション
64話 / 30,386文字 / 132
10/17 更新
連載中
君影深く
俺は、兄より美しいと思える人間を知らない- / 弟α×兄Ω
48リアクション
10話 / 12,267文字 / 97
10/13 更新
共にαである異母兄弟と二人のΩ奴隷の出会いがそれぞれの関係を狂わせていく
4話 / 6,651文字 / 0
5時間前 更新
連載中
52Hzの歌
Ωだったので52Hzで歌うことにした。
53リアクション
31話 / 29,645文字 / 57
3時間前 更新
誰にも大切にされない俺を愛してくれた人。
1話 / 2,733文字 / 0
10/14 更新
弟の好きな人を奪ってしまった償いに「アルファに近づいてならない」という制約をたてられました。
15リアクション
4話 / 6,947文字 / 20
4時間前 更新