35 / 63

四章 憎悪と破壊願望 11

「うるさい! お前がズルしたせいだ!」  その顔がムカついて、気がついたらタクミは無意識のうちに弟を突き飛ばしていた。柔らかい砂に頭から倒れた弟に怪我はなかったものの、突き飛ばされた衝撃でわんわんと泣き出した。 「あ、ごめん。だいじょうぶ?」  タクミはすぐに弟を抱き起すと、服に付いた砂を払う。 「もう泣くなよ。男は泣いちゃダメなんだぞ」 「兄ちゃんのバカぁ」 「バカじゃない!」 「兄ちゃんなんてきらい」  弟はえぐえぐと泣きながら下を向いた。タクミは困った。弟を突き飛ばしたのは完全なる八つ当たりだ。それでも、ここまで泣くとは思わなかった。  弟の宥め方が分からなくて悩んでいると、ふと母の手を思い出した。タクミは弟の身体を抱きしめて、小さな頭をわしゃわしゃと撫でた。 「オレが悪かったよ。ごめんな」 「……いたいことしない?」 「絶対しない。オレ兄ちゃんだもん」 「……マコトのこと好き?」 「大好きだよ。これからもずーっと好き」  タクミがそう言うと、弟もぎゅっと抱きついた。 「ぼくもタクミのこと好き!」 「おい! 呼び捨てにすんなよ。兄ちゃんって呼べ!」  その後母のもとに戻ったタクミたちは、こっぴどく叱られた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

仲が悪い、乱暴者で素行のよろしくない弟と少し卑屈な平凡な兄の一夜の出来事を綴りました。
23リアクション
1話 / 14,762文字 / 0
10/5 更新
俺はβの同性愛者。3つの性が存在するこの世界でも俺はマイノリティだ。そんな俺の前にαが現れた。
120リアクション
13話 / 44,325文字 / 117
10/7 更新
執着の強いα×親友αに失恋したβ
2,955リアクション
20話 / 57,693文字 / 169
10/31 更新
兄弟では番えないけど、僕は柊兄と番いたい
4リアクション
8話 / 7,028文字 / 0
10/26 更新
夢で良かった。夢が、よかった。たとえ悪夢だとしても。年下攻め。不憫な兄受け。
39リアクション
17話 / 8,290文字 / 0
10/20 更新
10年前に失踪したオメガの兄の幻影に縋り生きるアルファの弟キョウ。社会に絶望した彼のとった行動は…
30リアクション
1話 / 5,769文字 / 0
10/31 更新