37 / 85

鏡家の当主

タクシーが着いた先は、商業施設が建ち並ぶ、幹線道路から少し離れた、閑静な住宅街。車一台がやっと通れるくらい狭い道路沿いに、槙家の別宅があった。 高い塀に囲まれた門扉をくぐると、二階建の建物が姿を現した。 「一階は、事務所になってまして、二階が住居部分になります」 外の階段を上がり、真っ直ぐ、二階へ。 玄関を入って、右手に、コンパクトな対面式のキッチンと、四人掛けのテーブル。左手に、広めの浴室。 「奥が、主寝室になります。十二畳ほどありまして、中に、扉があり、仕切ることも可能です」 橘内さんの後にくっついて、家の中を、見て回った。 「一樹さん、色々と挨拶する所があって、夕方には戻られると思います」 「あの、橘内さん、その、出掛けても大丈夫ですか⁉夕飯の食材を買いに行きたいんですが」 さっき、ここに着く前に、スーパーを見掛けた。歩いて十分くらいかな。 「あとで一緒に行きましょう。ナオさんに、万が一の事があってはならないので」 「分かりました」 橘内さんは、仕事があるみたいで、下の事務所へ向かっていった。 一人きりになって、急に、寂しさが込み上げてきた。 外の景色を見ても、空を眺めても、何一つ、見馴れたものはなくて。知らない場所に、僕一人。 ーー一樹さんに、会いたいな。 早く、帰ってきて欲しいな。 思うことはそればかり。 それから、どのくらい時間が過ぎたのか分からないけど、ベットに横になってぼんやりとしていたら、橘内さんに呼ばれて、飛び起きた。 スーパーに着くまで、あちこち、キョロキョロしながら、後ろに付いていった。 地域密着型の小規模店舗だけど、品揃えは豊富で、値段もそんなに変わらないから、これからも、このお店を利用しよう。 今晩の献立は、一樹さんの好きな、カレーと、ハンバーグ。 昨日は、嫌いな野菜を入れすぎたから、控えめにしよう。 なんて、考えていたら、橘内さん、アスパラガスを一把、いつの間にか、レジかごに入れてた。 「甘やかしは厳禁です」 いつもながら、手厳しい。 家に戻ると、一樹さんが、先に帰ってきてた。 「一樹さん‼」 靴を脱ぎ捨てて、彼の許へ駆け寄った。 「寂しかっただろう。ごめんな、一人にして。買い物?」 「橘内さんに連れて行って貰った」 一樹さんが、手にぶら下げていたレジ袋の中を覗き込む。苦手な、アスパラガスが先に目に入ったのか、顔が曇っていく。 「ごめんね」 「どうせ橘内だろ⁉いいよ、頑張って食べるから。口直しは、ナオがいいな」 腰に彼の腕が回ってきて、抱き寄せられた。 もう、それだけで、心臓がドキドキして、今にも破裂しそうになった。 だって、二人きりになるの、初めてだもの。 顔を真っ赤にして、頷くのが精一杯。 「お取り込み中の所、申し訳ありませんが」 その時、鏡さんの声がしてきて、慌てて離れた。彼は、テーブルに寄り掛かり、腕組みをし、唇を一文字に結び、顔をしかめていた。 「一樹さんといい、橘内といい、二人共、甘すぎるんだ」 怒声が部屋の中にこだました。 橘内さんの名前も出てきて、回りを見渡したら、玄関先に立っていて、驚いた。 「男の嫁など、認めない。さっさと、一樹さんと別れろ」 「礼さん、さっきも話しをしたけど」 「いくら、先代が公認した仲とはいえ、鏡家当主である、この私が認めない限り、二人の交際は一切、認めない」 今、鏡家の当主って言った⁉ まさか、彼が・・・。 そんな・・・。 信じられなくて、鏡さんの顔を見たけど、逆に、睨み返され、 「さっさと、別れて、家に帰れ」 痛烈な言葉を浴びせられた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!