11 / 11

第11話『記憶』

あれは僕が高校2年生の頃の話だったと思う 梅雨、珍しく涼しかった日 放課後。自分の机でのんびりしてたとこに来た 華奢で、小さくて、優しそうな女の子。 これまたピンクの可愛らしい口から ゆっくり。 「ねぇ、とおるくん。 私たちーーーーー」

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

『王子様』のアルファと『ヤンキー』のオメガ【ご挨拶編】
125リアクション
3話 / 4,122文字
2017/6/16 更新
四日間毎の契約を描く連作短編。エロ切ないボーイズラブ。
7,406リアクション
337話 / 706,599文字 / 532
10/14 更新
隣の席の不良くん、なんだかちょっと変? 高校生 短編 コメディ
69リアクション
3話 / 4,162文字 / 174
2018/8/28 更新
人生の岐路、二つの道のどちらかを選択しなければならない。例えどちらも荊の道であっても…。
39リアクション
12話 / 9,993文字 / 20
2018/10/24 更新
おとなしく地味だがスイーツ作りが趣味の辛島小太郎は転校生で辛いもの好きの甘木に惹かれてしまう
14リアクション
4話 / 12,585文字 / 20
2018/11/26 更新
ビッチなメス男子がスパダリ属性男子を落そうとして逆に振り回されるR18
34リアクション
21話 / 52,733文字 / 81
6/4 更新