11 / 11

第11話『記憶』

あれは僕が高校2年生の頃の話だったと思う 梅雨、珍しく涼しかった日 放課後。自分の机でのんびりしてたとこに来た 華奢で、小さくて、優しそうな女の子。 これまたピンクの可愛らしい口から ゆっくり。 「ねぇ、とおるくん。 私たちーーーーー」
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

【人気者×ネガティブ】周りの腐女子に見守られながらも結ばれていく男子高校生の話。(微妙に違う)
1話 / 247文字 / 0
2016/9/20 更新
僕の彼氏は、死者が遺した声を聞くことができるお医者さんだ。
5
4
13
28
7話 / 9,343文字 / 204
2017/8/20 更新
BLAV会社の罠により引き裂かれる2人…優しい一途×自己犠牲ビッチ
324
1
37
329
18
189
144話 / 106,505文字 / 161
10/17 更新
高校生活を共にした同級生の佐々木の突然の告白に、矢野の反応は……?
6
2
1
2
1話 / 4,691文字 / 96
8/4 更新
連載中
虹蛇
虹蛇(こうだ)。天候を操り、雨を降らせる。その雨が気まぐれの雨なのか否かは誰も知り得ない……
1
31話 / 44,772文字 / 0
7/1 更新
王道のような学園に入学してきたけど、なんだかおかしい。
42
8
1
43話 / 42,446文字 / 60
7/16 更新