8 / 951

ー友情ー

その看護師と医者の部屋にはそれそれの机があって、ベッドもある。 当直の際にはこの部屋の泊まってベッドで仮眠とかも出来るようになっていた。また、シャワールームも完備されている。 「な、な〜もう、昼だし、飯にしねぇ?」 「あ、あー…もう、そんな時間だったのか!?」 と望は驚いたように言うと自分愛用の腕時計を見ると和也の言う通り時計はお昼を指していた。 「ああ…そうだな…」 そう答えると椅子から立ち上がる。 この病院には職員用の食堂があった。きっと、男性ばかりの職場だからというのと、やはり、忙しくご飯なんか作っている暇はない職員の方が多いからであろうか?食堂が完備されている。 その途中、望は和也に気になっている事を聞いてみる事にしたらしい。 「なぁ、和也…俺って、そんなに女っぽいか?」 「え?あ、うーん…」 とその望からの質問に少し悩む和也。 それを本当に望に言っていいのか?というのを迷い所であろう。だって、さっき、望はその言葉を口にされて怒っていたのだから。でも、その事を望から問うて来ているのだから、自分は怒られないのかもしれないと思った和也は、 「あー…言いにくいけど…まぁ、少なくとも俺はそう思うけどね…」 と素直にストレートに答える和也。 「あー…やっぱり、そうなんだよな…」 半ば諦め気味に言っている望。 ある意味、和也の答え方で合っていたのかもしれない。 だって、望からその事について問うて来たのだから、逆に怒られるのは人間的にもおかしいだろう。 2人話しながら食堂へと着くと、カウンターからご飯等を受け取り、空いてる席へと座るのだった。 この食堂は広い。 職員が沢山働いているからなのかもしれない。だけど、今はまだお昼丁度位で外来の方はまだ終わっていないのか、混んでる時間帯に比べたら人が少ない位なのかもしれない。 そして、入口側には窓はないのだが、入って反対側の方には病院の中庭を見渡せるカウンター席がある。 「ん?まだ、さっき、あの消防士が言っていた事気にしてんのか?」 「あ、ああ…まぁ…ちょっとな…。だってさ、俺を見るなり、あんな事言うんだぜ!普通初めて会う人に向かって言える言葉だと思うか?」 「もしかして、あの患者さん…望に気があるんじゃねぇの?」 和也は半分ふざけたように言っているのだが、半分は本気なのかもしれない。それは、自分も望に対して気があるからだ。でも、言える訳がない。 だって、相手は男性だ。これが女性であれば和也の性格からすると直ぐにアタックしていたのかもしれないのだが、やはり好きになった相手というのは男性。簡単には告白出来ないのが現状だ。 もしかしたら、今の関係が崩れてしまうかもしれない。 それが、嫌で和也は望に告白出来ないでいる。 そんな中、和也は食事を口にしながら望の横顔を軽く覗き込んでいた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!