10 / 948

ー友情ー

食事を終えて、2人はカウンターにお盆や食器を戻すと、一旦、自分達の部屋に戻ってから回診を始める。 そして、全ての担当患者の所に向かうと最後に桜井さんの病室へと向かう。 2人は桜井さんの病室まで来ると、部屋へと入った直後、望達が一瞬言葉を失うような姿があった。 だが、次の瞬間、望は声を荒らげる。 「ちょ!君!何してんだよっ!」 その望の声は病室内へと響き渡るのだった。 「ハァ…ハァ…ちょっとな…運動しておかないと体が鈍ってしまって、直ぐに仕事に復帰出来んやろ?せやから、運動を…」 そう息を切らしながら言う桜井。 そりゃ、当たり前だろう。たった数日前に病院に来て手術した足でベッドの柵に掴まって歩いていたのだから。 本来ならまだ安静にしておかないと傷口が開いてしまう。そんな体で動いているのだから、望からしてみたらたまったもんじゃない。 だから、医者としてそんな姿を見てしまったのだから、つい、声が大きくなってしまったのであろう。 そんな望の姿に和也の方は仕方なさそうに息を吐く。 寧ろ、桜井が望に怒られて当たり前だと思ってしまったのかもしれない。 和也だって、望と同じような立場だ。 自分もこういう姿を見てしまったら、きっと声を荒らげているだろう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!