47 / 976

ー友情ー

そう雄介が答えると刑事達は病室を出て行く。 そして、その話を聞いていた和也は雄介の側へとやって来て、 「え?え!?本当にお前はそれでいいのか!?」 「ええんやって…。坂本はホンマはいい奴だってこの俺が1番知っとる訳やし、もし、坂本が俺の事、本気で殺すつもりやったら、昨日、アイツん家行った時に俺の方に普通は包丁向けるやろ?そうじゃなくて、アイツは自分に包丁を向けて自殺しようとしてたんやからな…それに俺が刺されても無視なんかせんで、救急車とパトカー呼んだのはアイツなんだろうしな…。俺の事、本気で殺す気だったら、救急車もパトカーも呼ばへんやろ?」 「あぁ!確かにっ!!」 雄介のその言葉に望と和也はほぼ同時に同じ言葉を発する。そして、顔を見合わせていた。 「ま、そういう事や…。ほなら、今日はもう疲れたし、俺は寝るな…」 「ああ、うん…」 望は雄介にそう返事をすると、今度は和也の方へと向き、 「じゃあ、俺達は戻ろうか?」 「ああ、そうだな…」 そして。この件に関しては一件落着する。 和也と望は部屋へと戻ると、 「しかし、こんな展開になるとは思わなかったぜ…」 「…そうだな。まぁ、でも、俺は昨日の時点で知ってたけどな…」 「え?そうだったのか!?」 「ああ、そう雄介さ…昨日そう俺に話してたんんだけど…ほら、俺は刑事ではないじゃん…だから、その話は刑事さんに言ってくれって言っておいたんだよ…」 「そうだったんだ…。ま、恋人も大事なんだけど…親友も大事って事なんだな…。な、望…俺達って親友だよな?」 「そうだな…ま、俺からしてみたら、和也は最高のパートナーかな?」 「俺だって、望がいなきゃダメなんだからさ…」 「ま、これからもお互い頑張って行こうぜ!」 望にしては珍しく和也に向かい手を差し伸べる。 和也の方も、 「ああ」 と答えると望の手を取り、こちらも友情を取り戻すのだった。 それから暫くして、雄介はかなり早いスピードで回復の兆しを見せていた。 望が回診に向かうと、 「先生…俺、今日は久しぶりに外行きたいんやけど…?」 「ああ、まぁ、それは許可かな?完全に傷の方は塞がってるしな…」 それを察した和也は雄介の為に車椅子を用意してきて、それを、さり気なく望へと渡す。 「ほら…2人だけで外に行って来いよ…後の事は俺がやっといてやるからさ…」 そう言って雄介の体を支えると車椅子の方へと誘導し、望の背中を優しく叩く。 「え?あ、ありがとうな…」 と和也に向かってお礼を言うと、今度は雄介の方に顔を向き直して、 「んじゃあ、行きますか!」 望は和也に後の事は任せて、2人は病院の中にある中庭の方へと向かうのだった。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!