1118 / 1314

ー海上ー

「ぁ……やぁ……そこっ! ……ん!」  流石にあまりにも同じ所を突かれ過ぎてその快感から逃れようと腰を動かしてみるのだが、 「望……動いたらあかんやんか……」 「……はぁ……はぁ……ちょ、ちょ、ちょータイム……」  そう望は肩で呼吸を繰り返しながら少しずつ自分の事を落ち着かせているようだ。 「お前なーー……気持ちいいっていうのも限度っていうのがあんだろ?」 「ん? 何がいいたいん?」  確かに今の望の言い方では通じにくいのかもしれない。 「あ、だ、だからだな……つまりは……俺がお前と一緒に達けなくなっちまうだろ?」  そう望は小さな声で答えるのだがそんな小さな声でも雄介の方は聞き取っていたのであろう。 「そりゃ、スマンかったな……俺が望の為に気持ち良くさせてやりたいっていう感じやったんやけど……確かに望の言う通りやんな……一緒に達った方が気持ちええ訳やしな……。 ほならいつものようにやろ?」  雄介は望にそう笑顔を向けると再び行為を再開させる。  雄介の方はゆっくりと中に指を入れて今度は望のいいポイントをたまに突きながら中を慣らし始めたようだ。 「ふぅ……ぁ……んん!」  まずは1本目で慣らすと2本目も同じように中に入れて今度は中を広げながら慣らし続ける。 そして、3本目で十分に望の中を慣らすとそれを一気に抜くのだった。  抜く瞬間でさえも望は体をビクリとさせてしまっている。  しかし、抜いた瞬間のお尻の穴の入口はまだまだ物足りなさそうにヒクヒクとさせていた。 「望は早くココに俺のが欲しいみたいやね? 望のココ……もう欲しそうにヒクヒクしてんねんからな……」  その雄介の言葉に望は本当に今までにはないような瞳を雄介へと向ける。  その表情を見てしまった雄介は一瞬言葉を詰まらせてしまったようだ。  だが次の瞬間には雄介は望の体を抱き締め、 「今の望の顔……むっちゃ可愛かったわぁ……今の顔……胸キュン気分やったで……」 「あのなーー今の時代に『胸キュン』って死語だと思うぞ……」 「……ってそこ突っ込むとこじゃないやろ〜? 今はそこやなくて……今の望はほんまに可愛かったんやって!」  そういい続ける雄介に急にムッとしたような表情になる望。 「な、なーー……もっ回してくれへん?」

ともだちにシェアしよう!