1120 / 1314

ー海上ー

「望……力抜いて息吐いて……そしたら楽になるしな……」  望はその雄介の指示通りに力を抜き息を吐くとその瞬間を狙ってたかのように雄介のモノが望の中へと入っていく。  やはり、人間のモノは指とは比べものにはならないような太さだ。 その一瞬だけは何回やっても慣れないという所であろう。 だからなのかその一瞬は顔が痛みで歪んでしまうもんだ。 「ほんま……力抜いて……ゆっくりでええからな……」  その雄介の言葉にゆっくりと息を吐いて体の力を抜いていく望。 その間に雄介の方も望の中へと自分のモノを進ませていくのだった。 だが、しかし久しぶりに望の中に入った雄介はこんなにも望の中がキツかったものなのかと思っているのかもしれない。 雄介の方もあまりにも望の中がキツすぎるのかそれともぎゅうぎゅうと自分のモノを締め付けられているからなのか雄介は額から汗を滲ませ荒い呼吸を繰り返す。  そんな事を繰り返しているうちになんとか雄介のモノが望の中にちゃんと収まったようだ。 そして、望が1番気持ちいいポイントまで雄介のモノが達成しているようで、 「ぁ……んん! そこは……やぁ……」 「なる程……ここやんな……望がええ所っていうのは……。 今まで痛かったのかもしれへんけど……もう、気持ちいい事しかあらへんと思うで……せやから、もうこっからは望のええ声聞かせてぇな……」  雄介はそう言うと望の足をしっかりと支え汗だくになりながらも腰を動かし始める。 「ぁああん! いやぁああん! そこっ!」  雄介が動いたと共に望の声もより一層上がって雄介の耳も快感に犯され始める。  雄介の方もその望の声と共に腰をゆっくり動かしたり早く動かしたりを繰り返すと望の事を抱き上げ自分の膝の上へと望の事を座らせる。 「な……望……俺の肩に両腕回して……」  その雄介の言葉に望は頭を頷かせると雄介の言う通りに腕を雄介の肩へと回す。  それから雄介はそこで腰を動かして望のポイントを突くのだ。  座った事によりより一層雄介のモノは望の中に深く入りポイントを突かれると背中までも反らす望。 「望……」  そう雄介は望の事を愛おしいそうに呼ぶと望の唇へとキスをする。  望の唇は薄くリップを付けているかのように潤っている。 そして、何よりも柔らかく温かくて甘い。

ともだちにシェアしよう!