中原 様より頂きました!
聞いてください!! またまたセナハルのイラストを描いてくださった女神のような方がいらっしゃいました! 必然ラヴァーズ、狂愛サイリューム(更新分まで)を読了くださったようで、このように熱いメッセージ付きでTwitterに投稿してくださっていました。 発見した須藤はコミュ障を果敢に突破し、腹ぺこの猛獣のごとく飛び付きまして、作品閲覧の感謝を述べつつイラスト掲載の許可を頂いた次第であります! どうぞゆっくりまじまじとご覧ください。 中原 様のTwitterアカウント:@sincostangent_3 葉璃ちゃんヤバ可愛いでしょ?(*´﹃`*) 聖南ヤンチャかっこいいでしょ?(*´﹃`*) 周りに散りばめられた熱いメッセージ、心震えますよね?ԅ(//́Д/̀/ԅ)'`ァ'`ァ 滾った須藤は今回もミニ会話文SSを書きました。 ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈ 「葉璃ちゃん何そのポーズ。かわいー♡」 「いやっ、これはあの人が……っ」 「あの人って?」 「あ、あの、カメラの横に立ってるイケメン風のおじさんです」 「あ〜アイツか」 「あっ、ちょっと聖南さんっ、お腹に手が……っ」 「ん? くすぐったい?」 「いえ、あの、……なんかやらしくて」 「狙ってんだからいいの。もっとエロい顔してよ。アイツに見せつけてやろうぜ」 「えっ!?」 「アイツ前から葉璃のこと気に入ってんだよな。〝ハルくん可愛い、会いたい、てか会わせろ〟ってしつこかったんだよ」 「あ! だから今日の撮影、聖南さんも一緒なんですか!?」 「そういう事〜♡ 俺と一緒ならいいよ、って返事しといたから」 「聖南さん……っ」 「ほら、アイツにそのポーズやってみせろ」 「えっ……」 「見てる見てる。でも残念でしたー。葉璃ちゃんは俺のもんですー。おととい来やがれー」 「聖南さん……大人げないですよ……」 「知るかっ。俺の葉璃に近付こうとしたアイツが悪い!」 「 ╮(*˘ーωー˘*)╭ 」  二人はヒソヒソコソコソ、ただイチャついておるのでした♡  ちなみに会話はぜーんぶシャッター音でかき消されてます。 ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧ 中原 様、素敵なイラストを本当にありがとうございました!

イラストを送った作品はこちら

葉璃を失うくらいなら、何もかも捨てたって構わない──
115,715リアクション
389話 / 951,883文字 / 1,006
9/22 更新