処女作

初めて書く小説。どこまで何を書いたら良いのか…オチは…山は…?

と考える暇なく、赴くままにキーボードーをガタガタ言わせて、1週間で書き上げたお話が『なずな』です。

 

『なずな日和』の初稿ですが、とても4年前の処女作と向き合えなくて、設定はそのままで最初から書き直しました。

 

とはいえ、今書いている作品もまたいつか恥ずかしくなるのかもしれない…。

ただ、処女作が未熟すぎたので書き直しできて良かったなと思います。

 

ずっと待っていてくれた方がいてくらたからこそ、投げ出さずになんとか書けたと思います。

 

心から感謝を。

4/25