新着レビュー

単調な日々、依存、彼を満たしたその人。変わりゆく心と日常。(コメント欄へ続く)
【この物語は】 セックス依存から抜け出せない主人公が、ある人物と出逢う事から始まる。それは、セックス依存症の自分を満たしてくれる相手でもあった。会社でストレスを感じながら、セックスのことしか考えられない主人公。通常物語は、依存を直したいという方向に向きがちがだ、満たされるという新しい方向へ進んでいく。その中で勃発する悪質クレーマーからの連絡。果たして主人公は幸せになれるのだろうか、というのが注目すべき点だ。 【この作品に触れる前に】 作品をより理解するために、セックス依存症とは何か、について調べることから初めてみた。 セックス依存症とは、幼少期に親の愛情を受けられなかったモノがなりやすく、性的なものに依存してしまう状態のことで、大人になってもストレスなどによりなったりする病気。つまり、セックスをしている間だけ、愛されていると錯覚してしまったり、性的なことそのものによる快感でドーパミンが出るわけだが、もっとドーパミンを出せと脳が指令を出すことにより、依存してしまう。しかも通常のセックスでは満足できず、複数の相手や更なる刺激を求めてしまうらしい。概要はこんな感じだ。 これが満たされる相手という事は、相当な相手であるという事。 作中でも、その点については触れられている。 【依存とクレーマー】 物語は、大きく分けて前半、中盤、後半となるように感じた。前半では、会社とセックスという単調な日々の中でのストレスの原因に触れており、自分の性壁についても触れられている。自分がゲイであることをカミングアウトできず、女に言い寄られるのも多大なストレスの原因だと思われた。これは自分自身も経験があるので、それほどストレスなのか共感できた。好かれることそのものが、ストレスなのだ。 中盤に差し掛かると、相手の高校時代の出来事や、友人の暴露話など周りの人物にも焦点が当たり始める。このあたりから、主人公の心境にも少し変化が出たように感じられた。
お洒落な作風と、裏社会ではあるが、明るく活き活きとした登場人物が魅力(コメント欄へ続く)
【全ての始まりは】 物語は、主人公が初めて日本に降りたったところから始まり、その経緯が語られる。あるマフィアの幹部がファミリーを抜けようし、殺害された一年後、主人公の元へさる宛先不明な一通の手紙が届く。中には謎の暗号と思えるものが記載されていたのだった。主人公を突き動かした、人物とは一体…?彼を待ち受けているものとは? 謎が散りばめられており、詳しく説明されている部分と謎の部分があるため、読み手は”一体何が起きるのだろう?”と、ハラハラドキドキする。というのも、冒頭の”産まれたばかり”の謎について、今後明かされていくと考えられるからだ。 【お洒落な作風】 お洒落さを感じるのは、区切り方が独特だからだろうと思われる。(ページの切り方)余韻を残したまま、次のページへ行く。この区切り方は、誰にでも出来るものではない。大抵の人が、文字数で区切るか、章で区切るためこのような余韻を持たせることはとても難しい。仮に真似をしようとしても、感性のなせる業なので、真似することは出来ないであろう。 【彼に待ち受けるもの】 不思議なバランスの世界観。一般人にとっては非現実世界を主体として物語は構築されているのだが、主人公は現実主義。ちょっと変わった仕事をさせられることになるのだが、その内容が”ええッ!”と思うようなことである。しかしながら”金を稼がなければ生きてはいけない”という彼の現実的な言葉から、物語はリアリティを帯び始める。彼らにとって、そこは確実に、今生きている現実世界なのだ。 【リアリティの在り方】 彼が日本人と似ているが、日本は初めてであるという事に対して、どうリアリティを持たせていくのか。そこは、物語の上で、大切なところでもある。これについてはとてもユニークだ。日本人が日本を舞台に物語を書くとき、文化の違いを常に念頭にいれて書くというのは難しい。言われてみれば、日本独特だ、と気づかされることの方が多いのではないだろうか? 靴をいつ脱ぐのか? という主人公と登場人物とのやり取りは、かなり面白い。それはいくら何でも脱ぐだろう? と思えることが訊かれており、その感覚が日本人であると気づかされる。通常当たり前だと思いながら暮らしていることは、外から見れば質問に値すること、という事だ。
思い遣ることこそが、真実の愛。譲り合うことも、また。
【ティアリーレインのその後】 物語は『レインドロップ』の店主とお客であった青年が結ばれたその後の物語。年上で反応が可愛い店主と年下だけれど包容力がありしっかりした青年、二人の間には共通の悩みがあるようだ。それを巡って悶々とする物語でもある。たった一度きりの身体の関係。ホントはしたいけれど、相手の身体を気遣い理性を保とうとする青年。もしかしたら、自分にはもう魅力お感じてくれていないのかと、不安になる店主。互いを誰よりも思い遣り、譲り合うふたりの様子は、読者を幸せな気持ちにさせてくれます。 【大好きが伝わってくる】 店主の気持ちは手に取るように伝わってくる。一日連絡がないだけで、ソワソワし不安になったり、心配したり、仕事が手につかなくなったりと、大好きが凄く伝わって来て、時に切なく、そして優しい気持ちになれます。そんな彼のお相手は、一見クールだけれど理性で自分を抑え込み、彼のことをとても大切にしている様子が伝わってくる、社会人の彼。 【気遣い過ぎてすれ違う二人】 思い遣りも過ぎると、胸の内を明かし合うことが出来なくなってしまうのだな、と改めて考えさせられた作品。相手のために我慢する姿勢は好感が持てるけれど、切なさも感じます。それでも、二人はこの先きっと少しづつでも、自分の想いを打ち明け合って、分かり合おうとするのだろうなと想像ができます。相手が大切なんだよ!という気持ちがこれでもか、というくらい伝わってきます。 あなたも、読むだけでとても幸せになる、この物語に触れてみませんか? 是非、お手に取られてみてくださいね。 オススメです。
解放したいと願う愛。真実に気づき始める時。
【裏表、真実はどこ】 この物語は主人公での美大生が、ある絵本作家と出逢う事で始まっていく。ミステリアスな彼女の心が少しずつ解き明かされ、真実が見えた時主人公もまた少し成長する。彼が心から幸せになれるのはまだ先のことだと思うが、ここで彼の求めているモノも見えてくる。 【確かめたかっただけのはずが】 この物語は、セルリアンブルーとインソムニアを結ぶ物語である。時間の軸としては恐らく前になるのだが、セルリアンブルーでは、この物語で想いを寄せていた相手との交わりがあり、この物語でチラリと触れている彼との物語がインソムニアである。 インソムニアで出てくる彼との出来事が、主人公には棘のように刺さっている。性に奔放ではあるものの、タチである自分にネコを覚えさせた相手自体が気になるのか、単純にネコもイケるのか、それを試すためだったと自分は解釈する。ただ残念ながら、この物語での相手はリベンジという形で少なくとも、快楽はあるということを示してしまったため、インソムニアにて”特別”には繋がらない。 しかしながら、主人公が現在のようになってしまったのには理由があり”呪縛”とも言えるものから解放されない限り、心から誰かを愛したり、その事によって幸福を感じたりするのは難しいと思われる。 【絵本作家の女性】 彼女言葉、気持ちには偽りはないだろう。しかし最後まで読まないと、真実にはたどり着けない。 愛するからこそ、解放したい。 愛とは何も、好きあうことではなく。相手の望む人生へ、自分から解放することも純愛と呼べるのではないだろうか? 深く読まないと分からない部分もあるかも知れないけれど。 この物語を読むことによって、セルリアンブルーシリーズを深く読み解くことが出来ます。 是非、お手に取られてみてくださいね。おススメです。
始まりは雨。終わりは飴のように甘く、七色の虹のように煌めく
【レイニーシリーズ全ての始まりがここに】 出逢いの章ともいえる、一作目。 雨の日にしか訪れない客が気になる、店主と、雨の日にしか訪れない客の二人が、自分の恋心に気づくまでの物語。二人に焦点がしっかり当たっているので、余計な登場人物は一切おらず、じっくりと二人の気持ちを追うことが出来る。視点は店主にあるため、気になる彼が来ない、としょんぼりしたり、ソワソワしたりと萌える要素も含まれる。 【なんてお洒落】 主人公が大好きだった祖父から受け継いだ【レインドロップ】。お洒落な喫茶店(たぶん喫茶店)は、雨が良く似合う。このレインドロップ、直訳すると雨飴となるが、わたしの訳はタイトルの通り。 物語自体もそうだが、雨の日にここにやってくると、心が安らぎ、まるで虹が出たときのような気持ちになるよ。という意味合いだと思っている。 【それは必然か、運命か?】 運命への布石としての必然性が、散りばめられた物語。 雨の日が苦手で、飛び込んだ店の雰囲気と店主に好意を持った青年。 店の客が割と高年齢であり、青年が珍しい存在であり、雨の日しか来ないことから気になりだした店主。 それはもう、雨が齎した奇跡の出会いと言うべきではないだろうか? 上記にもある通り、店主の気持ちは手に取るようにわかる。しかも、共感できる部分が多く、切ない気持ちにさせる。切なくて優しい恋模様が伺える作品である。 この作品には続編が用意されており、この物語が店主視点なのに対し、続編は読みごたえもある、青年視点の物語である。何故、雨が苦手なのかについても振れられており、紐解かれる過去に注目の作品だ。 ティアリーレイン https://fujossy.jp/books/18663 是非、お手に取られてみてくださいね。おススメです。
想像力を刺激される、文学的な物語。妄想すら掻き立てるエロスにも注目。
【物語の概要】 物語は主人公が、自分とは正反対の同級生に性交を迫ったことから始まる。彼は恐らく、主人公にとって特別な存在であるが、恋愛感情よりも好奇心や嫉妬、承認欲求などが勝るように見える。田舎という環境もあり、自分の気持ちと向き合うよりも先に、周りの目が気になり、相手からの好意や興味を待たれることに嬉しさを感じてはいるものの、自分に素直になる余裕はないという印象。 【凄く文学的な印象の作品】 一時期、日本文学にハマった時期があり、この作品を読み始めて田山花袋の”蒲団”。志賀直哉の”暗夜行路”がポッと浮かんだ。文体自体を指しているわけではなく、凄く文学的に感じる文章と構成、物語が印象的である。冒頭に『手折る』についての記述があることから、この同級生が『道端の花を手折る』という場面において、物語の裏側、もしくはもう一つの意味を想像してしまう。 それは何かといえば、『道端の花』=女性を指しているのではないか? と思ってしまうことにある。 つまり、物語では確かにこの同級生は道端の花を手折っているが、実際は女性との性交を指しているのではないだろうか、と妄想してしまうのだ。見たままではなく、深く読んで真実を探す。それが文学である。 【登場人物の心情の推移】 自分が言い出したことに、おじけづく主人公。これは不思議な事ではない。男性は男性を受け入れるために作られた身体の構造をしていない。本心からの言葉であっても、冷静になれば怖気づくはずだ。それが未経験であれば、なお更。もちろん、自分には話す相手も彼しかいないのに、誰からも好かれる彼を興味を自分に向けられたなら優越感に浸れるという理由もあるだろう。自分の衝動的な言動的で、二人の歓迎が終わると思っていた主人公であったが、事態は思わぬ方向へと展開していきます。 連載中で、まだこの先どうなるのか分かりませんが、冒頭では現在から回想となっているので、いずれ現在の場面へ繋がると想像できる作品。続きがとても楽しみです。 あなたも是非、お手に取られてみてはいかがでしょうか? おススメです。
抑圧と解放。安穏と暮らす自分自身に警鐘を鳴らす、名作(文字数オーバーコメント欄へ続く)
【物語の舞台は】 同性愛禁止法というものが制定された舞台。この世界観での禁じられた恋を描いたものであることは間違いない。注目すべき点は、何故その法が作られたのか?例えば、同性愛は禁止されても、異性は好きにはならない。なので、恋愛が禁止されたというだけで、子供が増えることには繋がらない。この物語での政治家の考え方、何故制定されたのかが、一番わたしの興味を引いた。そして納得の答えがそこに。彼らは犠牲になったのだ。 【ある意味凄い作品】 現代の世の中が差別をなくそう言う考え方であるのに対し、物語では真逆の考え方の政治家たち。波乱の予感がした。テーマがかなり深い。政治家の在り方、マスメディアの在り方について、普段は考えもしないことに考えが及ぶ。もし、政治家が人権を無視し、このような暴挙に出たらどうなるのか?某国の現状を思い浮かべ、日本も安穏としていられないのではないか?という危機感を抱かせる。この物語は、たしかにジャンルはBLではあるものの、今ある幸せや危機感などを、気づかせてくれる作品であることは間違いない。 【一方的ではない国の現状】 一方的に国民が押さえつけられ、こそこそしているのかと思えば、そうでは無い。ちゃんと、その暴挙に対する国民の意志もデモという形で表現されている。主人公たちは、取り締まる側であるため、そういう部分には触れられないのではないか、と思っていたがその懸念は間もなく払拭される。作者の凄いところは、読者が疑問に思うと想定されている部分、こういうところはどうなんだ、と知りたくなるであろう部分にちゃんと答えを与え、疑問を一つ一つ解決し、納得させている部分だ。その為”同性愛者禁止法だと?”と、物語の登場人物さながら眉を寄せていても、ちゃんと自分と同じ反感側の人間がいることの安心感を与える。それでも、国家権力の前に無力な事には変わりないだろうが、大どんでん返しがあるのでは、という期待が高まる。
魅力的な登場人物、知識、名言。この物語にしかない魅力満載。(文字数オーバーにつきコメント欄へ続く)
【物語は】 主人公が、電車で痴漢に遭い、それを編入生に助けてもらったことから展開されていく。物語の構成として面白いのは、出会いの章に関し、主人公ではなく編入生にスポットが当てられて描かれているところ。誰しもが被害者になるかもしれない、性犯罪やストーカー被害、それらをモチーフに彼の魅力が紐解かれていく。 【この手法による最大の特徴】 大多数の書き手が主人公の魅力を先に伝えるのに対し、相手となる人物の魅力を先に伝えるという事は、主人公よりも先に相手役となる彼へ、読者に恋をさせる効果がある。実際に自分も、この編入生の彼に対し”カッコいい”、”自分の考えをしっかり持っていて、相手に分かりやすく伝えられる人”、”犯罪や警察の組織自体のの内情を知り尽くし、聡明な人”など魅力が充分に伝わってくるため、彼をもっと知りたいという欲求が沸く。このことにより、考えられるのは『主人公が彼に好意を抱いた時』、主人公へと感情移入がしやすく、二人を応援したいという気持ちがより一層高まることだ。 【ゆっくりと距離が近づく】 何故か電車で立て続けに被害に合ってしまう主人公。編入生から、対処法を教わったものの効果はなく、恐怖に支配され始める。そんな自分の心に、いつの間にか大きい存在となる編入生。主人公は、自分を助けてくれた頼りがいのある彼を、自分自身でも知らないうちにとても信頼してしまっているのだ。一気に”好き”とはならずに、好意の違和感という形で変化し続ける関係。初めは恩人、次は彼の教えを実行したかったが出来なかったという切ない想い、そして信頼へと。好意と恋の境界線をゆっくり描くことで、読み手に違和感を与えず、気づいたら!となっているところが凄い。 【徐々に明かされていく、編入生の素性】 謎が多い、編入生の彼だが魅力は伝わってくるものの、ミステリアスだ。その明かし方がこれまた自然である。匂わせ部分は恐らく伏線。それはキッチリと、ナチュラルに回収せれていく。その為、驚きよりは主人公とともに納得という気持ちになる。