1 / 16

地獄のヴァレンタイン 当日

地獄のヴァレンタイン 当日 絶賛今絶好中だ あいつは俺が嫌だって言ったのに 俺のあそこの魚拓取って なんか、フェラされて、 気持ちよくなったって時に ペタペタなんか塗りやがって…… それでも、あそこに球みたいなのを入れられて、 おまけに、 それを 動かすから おっ、おっきいままで、 「 あれ、アナルパール、 気に入っちゃいましたか? 」 なんて は、恥ずかしい…… 大きさが丸わかりじゃないか! 俺のも取ったんです、なんて、自慢しやがって ぱっと見俺より一回りはでかい し、知ってるけど…… ヴァレンタインなんて絶対に会ってやらない 平日だし 俺は猛烈に怒ってるんだからな ーそして、14日の朝 「 ヒロシさ〜ん 今晩、あたしも杏果も、夕飯外なんだけど〜 ヒロシさんもそうよね 」 「 いや、俺は家で食べる 」 「え? 」「 え? 」 「 二人でハモンなくてもよろしい! 俺は今晩は 家 食 」 「 でも、何にも用意してないよ」 「 まさか、ねぇ 」 顔を見合わせて頷く子ども2人のわざとらしさよ 「 いいの!なんかコンビニで買って帰るから 」 『 うわぁ 』 二人して声には出さないけど目にはしっかり残念なヤツ、と書いてあった。 知るか! 俺は今日は絶対に何があっても断る って、誘われてない…… 俊に、誘われてない…… え…… (continue♡)
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!