94 / 454

第94話

病院の駐車場にポツリと止まる一台の車。 遠目からでも、あれが景の車だというのはすぐに分かった。 でも暗くて、フロントガラスの中の様子まで伺う事は出来ない。 近づいていくと、急に運転席のドアが開いたからドキッとした。 景は体を外に出すと、再度扉をバタンッと勢いよく閉めた。 鷹揚な彼には珍しく粗い動きだったから、俺はもうすでに逃げ出したい気持ちになっていた。 景はいつもの黒のレザージャケットを羽織り、デニムとシューズも黒でまとめていた。 まるで今日見た佐伯さんと写る写真の姿にそっくりだったから、その真相を聞いてみようかと思ったけれど、とてもそんな雰囲気ではない。 景は俺と視線を合わせると、少し微笑んでからそのまま車に背中をつけてもたれ掛かり、腕組みをして俺の名を呼んだ。 「修介」 その一言で、一気に空気が濃度を増していくのを感じ取った。 俺は唇を噛んでその威圧感に耐える。 景は真剣な眼差しで俺の目をジッと見つめてくるから、魔法にかかって石にされてしまったように動けなくなってしまう。 凄い。さすが演技派俳優。 と呑気に脳裏で考えてしまったけれど。 「あっ、景、わざわざ来てくれたんか?ありがと。どうしたん?」 只ならぬ雰囲気に冷や汗をかきながらも明るく言うと、景は相反して落ち着いた低い声を出した。 「……僕に何か隠してる事あるでしょ」 その瞬間、嫌な予感がした。 まさか、あの調子こき男、やっぱり付き合ってた事を言ってしまったのか?! 今にも爆発しそうな爆弾を手に持っているような感覚で、今すぐここから逃げ出したくなった。 「正直に言って」 景は変わらぬ調子で俺に聞いてくるけど、その低い声が今日はやたらと胸に突き刺さってくる。 いつもは心が落ち着く声なのに、責められているようで泣きたくなってしまった。 「別にっ……なんも……」 俺は平然を装って首を横に振る。 どうにかやり過ごせないかと逃げ道を探すけど、景を前にしては逃げられない気がした。 それでも俺は抗ってしまう。 景は俺の態度が気に入らないのか、ニコリとはしたが冷たい表情で、少し顔を傾けた。 「君の友達、随分と酔っているみたいだね。聞いてもいないのに丁寧に話してくれたよ。例えば、君達がそういう関係だったって事とか」 やっぱり……!! 俺は白眼になりたい気分を抑えて、何と言い訳をしようかそればかり考えていた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

僕、先輩のお世話がしたいんです!
18リアクション
6話 / 4,505文字 / 138
2017/6/22 更新
淫魔の呪いから助けられた男が恩人の呪術師に恋をするが、呪術師はつれない。しかし男は諦められず…。
70リアクション
4話 / 11,642文字 / 587
2019/6/6 更新
195リアクション
34話 / 11,024文字 / 425
2019/1/4 更新
番外編という名の、HしてるだけのSS。
1話 / 1,840文字 / 0
2018/4/7 更新
元冷徹鬼番長(社畜)とふわふわ官能小説家が織り成す謎同棲物語
127リアクション
127話 / 121,633文字 / 33
2019/1/31 更新
完結
鬼ヶ島
鬼ヶ島には【鬼】が棲んでいる
334リアクション
8話 / 10,243文字 / 80
2019/11/11 更新