94 / 454

第94話

病院の駐車場にポツリと止まる一台の車。 遠目からでも、あれが景の車だというのはすぐに分かった。 でも暗くて、フロントガラスの中の様子まで伺う事は出来ない。 近づいていくと、急に運転席のドアが開いたからドキッとした。 景は体を外に出すと、再度扉をバタンッと勢いよく閉めた。 鷹揚な彼には珍しく粗い動きだったから、俺はもうすでに逃げ出したい気持ちになっていた。 景はいつもの黒のレザージャケットを羽織り、デニムとシューズも黒でまとめていた。 まるで今日見た佐伯さんと写る写真の姿にそっくりだったから、その真相を聞いてみようかと思ったけれど、とてもそんな雰囲気ではない。 景は俺と視線を合わせると、少し微笑んでからそのまま車に背中をつけてもたれ掛かり、腕組みをして俺の名を呼んだ。 「修介」 その一言で、一気に空気が濃度を増していくのを感じ取った。 俺は唇を噛んでその威圧感に耐える。 景は真剣な眼差しで俺の目をジッと見つめてくるから、魔法にかかって石にされてしまったように動けなくなってしまう。 凄い。さすが演技派俳優。 と呑気に脳裏で考えてしまったけれど。 「あっ、景、わざわざ来てくれたんか?ありがと。どうしたん?」 只ならぬ雰囲気に冷や汗をかきながらも明るく言うと、景は相反して落ち着いた低い声を出した。 「……僕に何か隠してる事あるでしょ」 その瞬間、嫌な予感がした。 まさか、あの調子こき男、やっぱり付き合ってた事を言ってしまったのか?! 今にも爆発しそうな爆弾を手に持っているような感覚で、今すぐここから逃げ出したくなった。 「正直に言って」 景は変わらぬ調子で俺に聞いてくるけど、その低い声が今日はやたらと胸に突き刺さってくる。 いつもは心が落ち着く声なのに、責められているようで泣きたくなってしまった。 「別にっ……なんも……」 俺は平然を装って首を横に振る。 どうにかやり過ごせないかと逃げ道を探すけど、景を前にしては逃げられない気がした。 それでも俺は抗ってしまう。 景は俺の態度が気に入らないのか、ニコリとはしたが冷たい表情で、少し顔を傾けた。 「君の友達、随分と酔っているみたいだね。聞いてもいないのに丁寧に話してくれたよ。例えば、君達がそういう関係だったって事とか」 やっぱり……!! 俺は白眼になりたい気分を抑えて、何と言い訳をしようかそればかり考えていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

高校生時代の初恋を拗らせたまま大学生になってしまった先輩後輩の話です。
1
1話 / 2,112文字 / 0
2016/11/25 更新
ファンタジー。不老不死の性欲なし一族×捕らえられた罪人。
7
5
19
9
14
4
14話 / 34,668文字 / 532
2017/4/30 更新
音信不通だった弟が死んだ。その妻の兄と、残された子と俺との不思議な生活が始まる…
2342
1997
3630
1221
1915
1673
516話 / 257,438文字
2018/5/30 更新
稲荷神社で老宮司とともに穏やか日々を過ごす中芝の元に、宮司の親戚の大学生が仕事体験に来ることに……。
221
63
92
12
10
94
36話 / 83,600文字 / 282
2/22 更新
1
1
1
1話 / 2,570文字 / 6
3/2 更新
連載中
隣人
恋い焦がれた君は恥ずかしそうに俯いて言った。食人趣味がある、と。
1話 / 1,498文字 / 0
5/31 更新