10 / 25

恐怖

お仕置き…って 何されるんだ…? もう本当にやだ なんでこんなことされてるんだろう そう思うと自分の顔には大粒の涙がポロポロととめどなく流れていた。 「ま…なと…?」 「……………」 名前を呼ばれたかと思うと、ドアがパタンと音を立てた。 部屋を見渡すともう橋本の姿はなかった。 もしかして、今出て行った? どうして… 俺、いっぱい我慢したのに… なんでこんなことして… なんで放っていったの… なんで… 涙がいったんは止まったのに、またポロポロと流れてきた。

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

誕生日に学生時代からの友人から貰ったプレゼントは、とんでもない物だった。
27リアクション
4話 / 14,486文字 / 122
2017/8/22 更新
「だーめ、今日は俺がするから大人しくしてて」
144リアクション
6話 / 3,001文字 / 1,044
2018/1/10 更新
片想いの相手の秘密を知ったその時、彼の身に異変が起こり……。
213リアクション
30話 / 25,778文字 / 338
2018/6/17 更新
長年すれ違っていた義理の親子の想いが、通じ会う瞬間
31リアクション
14話 / 7,496文字 / 56
2018/6/10 更新
1話 / 1,672文字 / 0
2018/8/18 更新
「俺にも伝授して。」美形幼馴染×幼馴染で妄想しちゃう腐男子な平凡/高校生
1,174リアクション
13話 / 30,764文字 / 1,546
10/6 更新