15 / 15

未来

 ギデオンの喉笛からゆっくりと離れたランドルフは、口の中に入り込んだ血をペッと吐き捨てると 「俺たちを若輩者と侮ったのが悪かったようだな。今日のところは殺さずにいてやるが、次はないと思え」  そう冷たく言い放った。  ギデオンはランドルフの放つオーラに圧倒され、放心しているように見える。  堂々としたランドルフの逞しい背中に、ノアは泣きたくなった。 「ノア……」  ゆっくりと振り返り、両手を広げるランドルフ。  その顔に、先ほどの険しさはない。 「ランドルフッ……!」  泣きじゃくりながら、その胸に飛び込むノア。 「ごめん、僕、あいつに穢されて……」 「もうなにも言うな。君を守り切れなかった俺が悪いんだ」 「でもっ」 「ノアがあいつの気を逸らしてくれたおかげで、俺も動くことができた。すべてはノアのおかげだ」 「ランドルフ……」 「もう帰ろう。君に紹介したい人がいるんだ」 「でもこんな格好じゃ……」  なにも身に纏っていないノアに、ランドルフは己のジャケットで包み込んだ。 「着替えはポリュムニア・シアターにある?」 「あるけど、あそこに戻ったら団長が……」 「あぁ、それなら大丈夫だ」  えっ? と目を丸くするノアを見て、ランドルフはクスリと笑った。 「いろいろと話したいことがあるんだけど……でもその前に、ノアを感じさせて」  ランドルフはノアをギュッと抱きしめた。 「もう、絶対に離さないと誓うから」 「僕も離れたくない。ずっとずっと、側にいて」 「ノア……俺の運命……」  そうして見つめ合ったふたりは、互いをきつく抱きしめ合ったのだった。 **********  五日後。  駅のホームには、ランドルフとノア、そしてフレッドの姿があった。  ランドルフたちはこれから彼の生まれ故郷に帰る。  フレッドはそれを見送りに来たのだ。 「それにしても、本当に濃い一週間だった……」  フレッドが辟易したように呟いた。 「えぇ、本当に」  ランドルフもまた苦笑する。  この街に来て、父との対面を果たしたその夜に運命と出会い、そして結ばれた。  翌日その番を奪われ、そして劇場を買い取り、さらにはノアを奪還。  ヒギンズ邸に戻ったふたりは、身を清めたあとフレッドの父に挨拶をした。  父はなにも言わなかったが、父の番が姿を現して、ふたりを祝福したのだ。 「まさか、あの人が出てくるとは思わなかったよなぁ」  初めて目にする父の番に、フレッドも相当驚いたらしい。  三十代後半と聞いたが、とても信じられないくらい若く、まだどこか幼ささえ感じる容貌の男性オメガだった。  ギデオンとの騒動を話すと、父の番は一瞬で顔を曇らせた。  聞けば、父の番はギデオンと婚約していたらしい。しかし父と出会い、彼はその場で番ってしまった。 「結局そのときの恨みを晴らそうと、俺の商売を邪魔したり、君からノアを奪おうとしたとはな……」 「恨みたい気持ちはわかる。俺も父には色々と思うところがあったから……でも、だからと言ってノアを奪うことだけは絶対に許せない」 「それは俺だって同じことだ。叔父が昔引き起こした事件の、とばっちりを食ったわけだしな。その礼を、これからたっぷりとしてやる!」  鼻息荒く語るフレッドに、ランドルフとノアはプッと吹きだした。 「それにしても、フレッドが後継者候補に復帰できて、本当によかった」 「叔父にも負い目があるからね。そこを突いたらすぐに候補者に戻してくれたよ」  あの父を脅すとは……ランドルフは唖然としながらフレッドを見た。 ――この人だったら、ヒギンズ商会を上手く導いていくだろう。  そんな予感が、胸を過る。 「それから君にも、今後は俺のサポートをしてもらうつもりだから、覚悟してくれたまえ」 「でも俺は、一族から放逐された身で」 「一族じゃなくても、仕事の手助けくらいはできるだろう? 君のせいで、俺の貯金の大半が消えたんだ。それくらいしてもらっても、バチは当たらないはずだ」  ポリュムニア座を買い取る金は、フレッドの懐から出ていたことを、ランドルフは思い出した。 「その節は……。だったら、田舎へ帰らず街に残った方がいいかい?」 「いや、君たちはこのまま汽車に乗るんだ。ギデオンが流した噂はまだ消えていないし、第一君はあの“ノア・ヴィーナス”を手に入れた男だ。この街に残ったら、アルファどもの嫉妬ややっかみで、身辺が慌ただしくなる一方だろう」 「それは……たしかにそうかもしれない」  納得の姿勢を見せたのは、ノアの方だった。 「だから大人しく田舎に引っ込んでいてくれたまえ。騒ぎが落ち着いて、ノア・ヴィーナスの名が廃れたころ、また呼び出すこともあるかもしれないが、それまでは蜜月を充分に堪能しているんだな」  ジリリリリとけたたましい発車のベルがホームに鳴り響く。 「おっと、そろそろ時間か」 「ありがとう。本当にありがとう」  ランドルフが差しだした手を、フレッドは硬く握りしめた。  ポーーーーーッと汽笛が鳴り響き、汽車はゆっくりと動き始めた。 「ありがとう!!」  何度も叫びながら手を振るランドルフとノアに、フレッドもゆっくりと手を振って応える。  汽車はどんどん小さくなって、やがて視界からその姿を消した。  フレッドは最後まで笑顔で見送りながら、ホームをあとにした。  駅を出て天を仰ぐと、雲ひとつない青空に、太陽が燦々と輝いている。 ――まるで、神があのふたりを祝福してくれいるようだな。  フッと笑うと、フレッドは待たせてあった自動車に乗り込んだ。 「さぁ、俺もいちから出直すとするか!」  三人の未来は今、始まったばかりだった。
スキ!
スキ!
スキ!
スキ!
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

馬族の消防士×保育士ゴリラ族 偶然出会った二人のつがいのお話
16
8
1
3
4
7話 / 19,530文字 / 165
3/31 更新
露店街を駆ける長い耳の彼を追いかけるとそこには...
3
8話 / 4,259文字 / 4
3/25 更新
運命……遺伝子 
130
15
18
8
27
22話 / 29,364文字 / 194
3/30 更新
連載中
Paradoxxxxx
たとえ〝運命の番〟だとしても俺はお前が嫌いだ
ネガティブ獣人紳士αとうさ耳高身長ポジティブΩ。バラの花束より欲しいもの。
43
14
9
1
8
11話 / 28,951文字 / 169
3/31 更新
黒豹獣人×人間オメガ
1
1
11話 / 24,838文字
3/31 更新