87 / 89

第87話 ケンは心配!

 ニールに待ってろだの、出直してこいだの言われたけど、どのくらい待っていればいいのか分からない!ってことで僕たちは一旦ショーンの部屋で時間を潰すことにした。  まだかな、まだかなって1時間くらい待ったところでショーンが「これ以上は無理です!」って勢いよく立ち上がったから、僕も後ろにくっついてニールの部屋の前までやってきたんだ。 「ニール!扉を開けてくださいっ!」  眉間にしわを寄せて、ちょっと乱暴にショーンは扉を叩いた。 「ねえねえ、二人ともお昼寝してるんじゃない?」 「まだ昼間ではありません」 「んーそうだけど、二人とも疲れたから、眠っちゃったんじゃないかなって」 「そうだとしてもニールは当直中です。仕事に戻ってもらわないと、痛い目を見るのは彼ですよ」 「真面目だね、ショーンはっ」  トントンって今度は僕が扉を叩いてみた。  耳を扉にくっつけると、向こうの方からバタバタって音がする。 「起きてるみたいだね?音する」 「音、ですか?」 「うん、バタバタガタガタって。お掃除してるのかなぁ?」  って僕が言い終わった瞬間、ショーンが怒った顔をしてガンガン扉を叩きだしたんだ。そんなに叩いたら扉壊れちゃうのに。どうしたんだろう、なんでそんなに怒ってるんだ? 「おい、お前ら」  勢いよく開いた扉からニールが顔を出した。髪の毛がすごくぼさぼさで、シャツも着崩れてるし、やっぱりお昼寝してたのかな。 「ほら、ニールは寝てたんだって」 「ケン……」 「何のことだ?」 「ケンはあなたたちがお昼寝をしてるに違いないって」 「…っ、ああそういうことにしといてくれ。で、何の用だ?」 「アサと話をしに。それにそろそろ仕事に戻らないと怒られますよ」 「分かってる。長居するつもりはなかったんだ」 「言い訳を私にされても…」 「アサぁぁァ!!!!!!!!!!!」  無理やり扉を開いて中に入ったらアサがベットの上に座ってた。顔が真っ赤で髪の毛もいつもより乱れてる。何だ?泣いてたのかな?目が赤い! 「大丈夫?アサ、ニールのせい?なんか言われたの?僕がやっつける?」 「ン…?ダイジョブ…」 「ほんと?でも、でも泣いてたでしょ?」  大丈夫だって言ってるけど、どう見たってアサは泣いてたし、だるそうだ! 「おい、ケン」 「ニール!何したの!アサ泣いてる!」 「泣かせたがそういうんじゃないっ!」 「意味わかんない!アサが可哀そう!」 「ケン、ケン…ダァメ。ボク、ダイジョブ…!」 「でも、でもぉ!」  アサは僕の大切な友達なんだ。アサを泣かせたら、ニールだって許さない!ふん!ってニールを睨んだら、アサが首をぶんぶん振った。 「ケン、アサは大丈夫ですから、こちらに」  そう言ったショーンに腕を引かれて止められた。  でもだって心配なんだもん!僕が守るんだもん!   

ともだちとシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

今がハッピーじゃなくてもいつか報われるときが来る
4話 / 2,472文字 / 52
2017/10/28 更新
大日本帝国万歳!お国のために犬養、死んでもらうぞ!昭和に生きる幕末の魂ここにあり
...9
20話 / 10,000文字 / 24
2018/4/15 更新
京介とアサトの元に訪れたセールスマン。彼は呪われた1対の宝石を持ち込んできた。
...9
4話 / 34,415文字 / 101
2018/7/9 更新
変態男子、ルームメイトを襲う。
9
2話 / 4,108文字 / 100
7/2 更新
好きだった親友αが結婚することになった。
連載中
ねぇ、
忘れたくないのに
...12
2話 / 3,127文字 / 40
9/7 更新