106 / 124

第106話 ニールの約束

 簡単に今の状況を説明すると、小柄な青年が口を開いた。 「なるほど、船が静かだなと思ったら、ケンが熱出してるんですね」 「ああ、寝れば治るだろうと思っていたけど悪化してな」  絵具に汚れた手を拭くとサイは立ち上がった。 「それで、ボクを探してた理由って」 「船長がお前なら役に立つだろうって」 「そういうことですか…」  天気の良い日の波は太陽に照らされて眩しすぎる。これだったら早く部屋に戻ってアサの顔を見ていたい。 「一緒に来てくれるか?お前が医者じゃないのは分かってるが、俺らよりは役に立つだろ」 「実家の診察所を手伝っていたことがあるのでそれは大丈夫ですが……」  何を渋っているか分からないが、早くケンのとこに戻らないとショーンの気が狂うかもしれない。  早くしてくれ、と言おうとした時だ、強い風が吹きサイの足がもつれた。  条件反射で出した右腕で傾いた体を受け止める。 「わっ」 「大丈夫か?」 「はい、ちょっと足がしびれちゃったのかも」  胸にもたれかかった体は、アサより大きいが華奢な部類だ。柑橘類を思わす香水の匂いがふわりと俺の鼻を擽った。  体勢を整えたサイは足元を見つめて呟いた。 「えっと、ケンの部屋に行ってもいいんですが、その代わりにニールさんから何かをもらうってできますか?」 「つまりお礼が欲しいのか?」 「それだと響きが悪いけど、そんな感じです」  あげられる物がほとんどない。持ち物が少ないうえに、この前の泊まった町ではほとんどアサのものしか買ってない。さすがに何を言われようとアサのものはあげられないしな。   「何が欲しいんだ?」 「物じゃなくて、時間……なんですけど。次に停泊する町で一晩だけ……」 「なんだ、夕飯でも食べに行きたいのか?」 「い、いいですか?!」  サイもアサと一緒に厨房で働いてるし。3人で夕飯食べに行ったらアサも喜ぶかもしれない。アサに友達が増えるのはいいことだな。俺との時間が減るのは許せないけどな。 「よし、じゃあ陸についたら飯を食いに行くって約束でオッケーだな」 「はい!」 「さっさとケンの部屋に行くぞ」  絵具を箱に詰め始めたサイを見つめながら、部屋で待つアサのことを思う。絵具か……スケッチブックを渡したんだから絵具もあったほうがいいかもな。アサは絵が上手かったはずだ……ケンの壊滅的な画力より何倍も上手だしな。  ケンが苦しんでいる状況で幸せボケしているのもなんだが、本当に俺はこの時幸せボケをしていたんだろう。まぁ、それに気づくのはずっと先の話なんだけどな。  

ともだちにシェアしよう!

この小説を読んだ人におすすめの作品

綺麗なものは汚してしまいたくなるんだよ【オメガバースR-18】
94リアクション
25話 / 12,340文字 / 51
2017/8/11 更新
俺様で無邪気な攻×優等生美少年受、甘々ラブラブながらもお互いの気持ちがわからない。
657リアクション
87話 / 90,568文字 / 169
2019/3/22 更新
攻めがEDに?! でも大好きが止まらなくて、受け攻めチェンジを試すお話
111リアクション
8話 / 9,818文字 / 154
2019/5/25 更新
家に帰るとてるてる坊主がぶら下がってる。誰だ作ったのは…。
40リアクション
8話 / 9,688文字 / 18
2019/6/30 更新
侍崩れの蕎麦売りは、ある晩、男の夜鷹に出会う。
233リアクション
10話 / 23,032文字 / 40
1/4 更新
腹黒眼鏡×ノンケ蕎麦職人 病みエリート(年下)のひとめ惚れ猛攻
103リアクション
12話 / 14,879文字 / 0
11時間前 更新