25 / 33

第25話〜5〜

「ん、」 この部屋に時計がないので今が何時か分からない。 それに窓がないから朝か夜かさえも分からない。 これは結構…困る…。 でも体が少しスッキリしてるからよく寝たんだと思う。 僕は途中だった本をまた読み始める。 するとギィィと扉が開く音がした。 よく人が来るな…って思いながらも目を向けると今度はひな兄がいた。 「何呼んでんの?」 「…本。」 「ふーん。それってキタヤが書いた本だろ?面白い?」 「まぁ…」 気のない返事をしたけど実はもうすっかりこの本にハマっていた。 すごく面白い。 本を読んでる時は、この現実世界から離れられていてすごく気が楽だ。 でもひな兄は何をしたいんだろうか… 普段はこんなにも僕に優しく接することの無いひな兄。 大抵は無視か怒鳴るかだ。 何かいいことがあったとか…? それともなにか裏がある…? 溶けかけていた警戒心がまた強くなる。 「…またキタヤの新刊がでたら買ってやろうか?」 「えっ?!」 それは予想外にとてもいい提案だった。 本棚にはまだキタヤの本はあるけれど、新刊が出るならまた買いたいくらい、僕はもう先生のファンになっていた。 「いいの?!」 「あぁ。けど条件がある。 これからお前は欲しいものがあるなら俺に言え。そしたらなんでも買ってこよう。ただしテレビやゲームの不用品、高価なものはダメだ。お前にはもったいない。 そして見返りが必要だ。分かるな?」 「見返り…?」 「そうだな…。この部屋に時計やカレンダーがないのは不自由じゃないか?」 確かに… それに目覚ましも欲しい。 これはひな兄の提案に乗った方が得策かもしれない。 でも見返りっていうのが引っかかった。 「なら後で時計を持ってきてやるよ。 見返りはその後。 それでいいか?」 見返りってのがよく分からないけど、もし殴られても物が手に入るならまだいいかもしれない。 「いいよ。」 後々この僕の返答を後悔するとは知らずに。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!