76 / 113

それは違う51※

「その目も、いいな。誘ってるの?」 「修平が、逃げるから、」 「欲しがってるあなたの顔、エロくて好きだ。さっき、猫の名前の話してた時、どうして笑ったの?」 「え?」 「思い出し笑い、してたでしょ?あなた」 唐突に話題が変わって、拓斗は首を傾げた。 ……猫の名前の話?……って、さっきの。 え。俺、思い出し笑いなんか……してたっけ? 「……あ」 思い出した。あれだ。 佐々木のネーミングのことだ。 「なに、思い出してた?」 「あー…あれは、佐々木さんが、猫に名前つけてやるって」 「……へえ。どんな名前?」 「和弘。カズって呼べって」 「カズ?あの子、メスだよ」 「うん。だからおかしくって」 拓斗がまた思い出してくすくす笑うと、修平はおでこをコツンと合わせてきた。 「和弘って、佐々木くんの名前?」 「うん。この子、女の子ですよって言ったら佐々木さん、仰け反ってた」 「ふーん。佐々木くん、自分の名前、つけろって言ったのか」 「あの時、酔ってたから……んっ」 またキスされた。修平の不意打ちのキスが気持ちいい。 「酔った男、無防備に部屋に入れたらダメだよね。本当に、何もされなかった?キスは?」 「されてないよ、何も」 「でも佐々木くんはたぶん、その気、あったでしょ」 「…んっふ、ん……。でも俺は全然、その気、ないから」 ほどけた修平の唇を目で追う。 もっとしっかりキスしたい。 身体の奥に甘い火が灯るような。 「あなたって、意外と罪作りだな」 修平は呟くと、こちらの後頭部を左手でガシッと掴んだ。 「舌、出して?」 拓斗が言われた通りにすると、修平の唇が舌先を啄んだ。ちゅっちゅっと吸われて、ねっとりと口に含まれる。 「んぅ……っ」 そのまま一気に口づけが深くなる。 ようやく欲しいキスをくれるらしい。 拓斗は修平の背中に手を回した。 「あ……っ、ね、それ、だめ…っ」 「どうして?気持ちいいでしょ?」 修平の指が、ぬるぬるしたボディソープをたっぷり纏って、奥へ奥へと忍び込んでいく。 舌を絡め合い濃厚なキスで熱くなった所で、奥の浴室に誘われた。湯船に2人並んで脚だけ浸かり、また甘い口づけですっかりその気になった身体を、今度は指でいじられる。 修平の長い指が尻の割れ目をなぞり、ボディソープのぬめりを借りて、奥の窄まりをくちゅっと割った。小刻みに揺れながら入り口を穿ち、じわじわと侵入してくる。 痛みはなかった。気持ちいい。 ぬるぬると出し入れされて、拓斗は呻きながら壁の手すりを掴み締めた。もっと奥をいじってほしくて、自然と尻を突き出してしまう。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!