75 / 83

それは違う50※

「どうしてそんな変な顔するの?」 「え、だって、修平。いつも泊まる時、あのベッド狭すぎるって」 だから泊まる時はいつも、このマットレスを敷いて寝ていたはずだ。 「そうだったか?それより拓斗。降りてこいよ。風呂、入ろう」 「え?」 「今、お湯を溜めてる。来いよ」 拓斗は腕を引っ込め、修平を見ながらそろそろと階段を降りた。 修平の口からまた意外な言葉が飛び出して、心臓がドキドキする。 「風呂……一緒に?」 「狭いからな。立ったまま脚だけ浸かるだけだけど。身体洗ったりは出来るだろう?おいで」 修平はにこりともせずそれだけ言うと、スタスタと部屋を出て行った。 ……え……うそ。一緒に……入るの? うちのあの狭い風呂に一緒に入るなんて、今まで1度も言ったことないのに。 拓斗が呆然としながらドアを開けると、修平はさっきいったん着ていた部屋着を脱いでいる途中だった。 「拓斗。ここ、置いとくとこないから、おまえは外で脱いで。これ、部屋の方に置いといてくれ」 修平は脱いだ服と下着をこちらの手に押し付けて、そう言った。 ぼんやりと受け取りながら一旦外に出て、拓斗は自分の身体を見下ろす。 「ほんとに……一緒に入るんだ……」 ごくりと唾を飲み込み、修平から受け取った服と下着を部屋の隅に置いて、タンクトップとトランクスを脱ぐ。 裸になって、タオルで下半身を隠しながら再びドアを開けると、待ち構えていたような修平に、腕を掴まれ引っ張りこまれた。 「うわ…っ」 強引に抱き寄せられて抱き締められる。どちらも裸なのだ。素肌がいきなり触れ合ってドギマギする。頭半分ほど自分より背の高い修平の顔を、腕の中から見上げた。 目が合う。修平の目が笑っている。 「あなた、その驚いた時の目、いいね」 囁かれて顔がかーっと熱くなった。 「きゅ、急に、引っ張る、から」 思わず恨みがましい目で睨むと、修平は目を細めて 「あんな格好、見せるあなたが悪い」 「…ぇ?あんな格好って」 「あなたのお尻。トランクスの隙間から見えてた」 拓斗は目を見張った。 さっきロフトの階段にいた時だ。 「下から眺めるのも新鮮だな。今度、あそこでえっちしようか」 「ばか。何言って…ん、んぅっ」 文句の言葉を唇で奪われた。 強引に抱き寄せたくせに、口づけは優しい。 ちゅっと吸われた後ですぐ離れ、また啄むように口づけてくる。応えようとすると、また離される。揶揄うように逃げるその唇を、ついムキになって追いかけてしまう。もっとしっかり交わりたいのに、ちゅっと吸ってはまた逃げていく。 拓斗は唇を尖らせ、上目遣いに修平を睨んだ。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!