3 / 40

第3話

今年の4月1日は新年号発表でニュース番組はそれ1色。 ローカルニュースを横目に、長岡の作ってくれた野菜がごろっと入ったピリ辛のカレーライスを頬張る。 「明日、雪だってよ。 寒いから電車の待ち時間此処来て良いぞ。」 「え…?」 その言葉に三条はスプーンを止めた。 「明日なら歓迎会もねぇし、飯食ったら送ってやるよ。」 「飯…」 ぶんぶんと振れる尻尾に長岡は眉を下げて笑う。 嬉しそうな顔もそうだが、本当に分かりやすい。 「ん、そう。 一緒に飯食って、デートがてら送る。」 「はいっ。」 にこにこする三条の前に肉の乗ったすスプーンを差し出すとぱくっと食い付いた。 屈託なく無垢な笑顔だが、身体はマーキングで真っ赤。 目の前の恋人以外知らない秘密。 「学校近いんだし、休講になったら寝に来ても構わねぇよ。 そんかわり、一緒に飯な。」 綺麗に微笑む恋人にきゅぅぅっと胸がトキメいてしかたがない。 この笑顔が毎日見れなくなって寂しいが、休日には会える。 それに、大学はこの部屋からそう遠くはない。 会おうと思えば会える。 「嬉しいです。」 「ははっ、俺も。」 ニュースキャスターは次の話をしはじめていた。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!