1 / 14

第1話

人生の汚点。触れられたくない過去。 …………誰でも一つ位、あるだろう。 俺の場合、高校の卒業式の日のクラス会。 男子高ならではのノリで始まった王様ゲーム。俺は3番。顔を合わせると喧嘩ばかりだった天敵のアイツは12番。クジを引いた時から嫌な予感はしてたんだ。 「イェイ!俺が王様!! 3番と12番がディープキスーー!!」 「うわっ!キツ!! 男しかいないのにやめろ!」 「見たくねー!一体、誰?」 自分のクジを再度確認。 何回見ても③と書いてある。 「待て待て待て。そりゃ、ないだろ!嫌だ!俺、ファーストキスもまだなんだぞ!!」 慌てて猛抗議。 「(トラ)なの?」 「頼む!なんか違うのにしてくれ!」 全力で拒否。必死に頼んだけど、面白がって誰も助けてくれなかった。 「ギャハハハッ!虎、キスもまだかよ。流石、童貞!ウケる!」 「う、うるせー!童貞関係ねぇだろ!」 「12番、誰?」 「俺。」 麗人(れいと)が悪びれなく手を上げる。 「麗人かよ!いーじゃん!百戦錬磨と童貞、最高の組み合わせ。今後の勉強に教えてもらえ!これを期に仲良くなるチャンスじゃん。」 はぁ!?ふざけんな。他人事だと思って……  仲良くなんてしたくないっての!いつも、ちょっかい出してきたり、誰かと喋ってると邪魔してきたり……とにかく嫌な奴なんだ! 「麗人となんて絶対に無理!」 「俺、嫌だって言われると燃えるんだよね。」 ニヤリと麗人が笑う。 「うわっ!麗人。Sかよ!サイテー!」 ケラケラ、クラスメートが笑う。 「虎。諦めろ。」 悪ノリで楽しそうに笑う皆に後ずさり。 ジリジリ麗人が近付き、肩を掴まれた。 「この変態っ!俺に寄るな! 離せ!やめろって!正気か?麗人! 冗談にも程が……ぅ、んんっ!?」 男のくせに香水だか柔軟剤だか、良い匂い…… 唇に柔らかい感触。腰を抱かれて、後頭部をがっちりホールド。 生まれて初めてのキスはコーヒーの味。
いいね
笑った
萌えた
切ない
エロい
尊い

ともだちとシェアしよう!